ガジェット情報をDeepにお届け

【レビュー】キレイな黄金色。KBF 8芯 銀メッキ銅リケーブル

Pocket

 

前回のピンクケーブルモデルに続き、別カラー別規格のケーブルをKinboofi(キンボファイ)さんより提供いただきました。

今回はMMCX 2.5mmモデルとなります。

尚、ケーブル仕様がピンクモデルと被る部分がありますので一緒にこちらもお読みください。

 

【映える「金と銀」】

やっぱり金(ケーブル)と銀(持ち手)の組み合わせは良いです。好きです。

ピンクモデルは初見でカラー縄跳びをイメージしましたが、このケーブルの場合は「濃い黄色」なのでカラー縄跳びの様なフラットカラーではありません。イメージも程遠いです。

8芯 銀メッキ銅ケーブルは規則的にしっかりと編み込まれており、こちらも完成度が高いと言えます。
透明なチューブによる耳フック部分、素材やタッチノイズの皆無など、カラー違いによる差異はなさそうです。

また、カラーはピンクモデルの様な2色(ピンク、シルバー)編込みではなく、1色で編み込まれていますので、印象が異なりますが、

その主張感は変わりなく、そしてやはり目立ちます

 

【音質は別色と同等】

試したのは、TIN AUDIO T2

このT2は他のレビューでは荒れ荒れなMMCX対応イヤホン。
もしかしたらロットによる問題があった可能性のあるT2も、リケーブルでの効果を試した所、空間の広がり方の改善やメリハリが付いたことによるクリアな表現に変わったと感じました。

規格や端子による多少の差もあると思いますが、カラー違いによる音に対しての特性違いはなさそう。

 

【まとめ】

とにかく濃い黄色、いや金色です。

5000円台の予算でリケーブルをしたいという「一個上のレイヤーに上がりたい。そして主張したい」的な方に最適なケーブルです。

人それぞれの好みの音があると思いますが、比較的軽めで音が分離する系の音が好きな当方には合ったケーブルでした。

 

KBF 8芯 銀メッキ銅ケーブル」はAmazonにて5200〜5500円にて販売しています。
種類は豊富で、「2PIN/MMCX、2.5mm/3.5mm/4.4mm」の6種類から選ぶことがで可能。

もっと奇抜な色が出てもおかしくないですね。紫x桃とか、赤x黒とか。

 

(編集部)
※レビュー記事依頼などのお仕事は contactz@moblabs.info まで


by
●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。 中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です