ガジェット情報をDeepにお届け

3年でゴミになる?なぜ有機ELは劣化しやすいのか

Pocket

参考画像

最先端=有機EL的なイメージがありますが、有機ELのメリットは薄型化や自由度と省電力

しかし良いことだらけではないです。
既存の液晶と違って消耗品度合いが強くコストも高めに感じます。メーカーとしては買い替え施策としては良いディスプレイかもしれないですけど、長時間表示するようなゲームや配信での使用方法に制限(焼付きの恐怖)が出来てしまうのでTVモニターもスマホもどうしても有機ELでは抵抗を感じてしまいます。

2ch.scのスレッド「【IT】韓国LG Display、世界初の8K/88型有機ELディスプレイ 重量や薄さなどのデザイン面でも液晶に対して優位性あり」で気になる書き込みがあったので、抜粋してみました。

初期のOLEDのパネル寿命(輝度が落ち始める)は約30000~40000時間
LGの最新パネルの寿命は約100000時間(LG公称)
パネルの輝度が落ち始めるより先に他の部品が壊れるよ

焼き付きに関してだけど
LGのOLEDには(他のメーカーは知らない)パネルシフトっていう焼き付き防止機能もあるから
LGは140時間(パネルシフトをオフで連続表示した場合)ほどで焼き付き起こるって言ってるけどね

そらLGの有機ELは
なんちゃって有機EL(白色有機EL)だしな
複雑なカラーフィルターでごまかして、さらにコストもかかってるしw

有機ELは歩留まりが採算ベースにどうしても乗らず日本のメーカーは諦めて捨てたんだよ
たぶんその技術的課題はクリアされたわけじゃなくてやせ我慢してシェア優先で赤字で生産してんだと思うよ
そのあいだになんとかなると思ってんだろうけどな
ケンチャナヨ精神ってやつ

現行の有機ELも焼付き問題は解決してないよ
TVは同じ映像を映してないから問題は起きにくいだけ
でも、ウォーターマークはやばいかな
スマホは通知バーが焼き付く

日本の作っていた有機ELとは方式が違う
印刷方式で性能や寿命を減らしたのが今の有機EL

市場の流れ的に見ると、コストカットして焼付きも無視した買い替えサイクルも込みで考えられているのが現在の有機ELぽいですね。かつての日本のTVの様に10年単位で持つ、という物ではなく3年程度で劣化が目立つように仕組まれている可能性があります。その分、大型のモデルでも数万程度と安価に販売されていたりするのも理解できます。

スマホもそうですが、有機ELが採用された電化製品は「焼付き」に対してどう保証されているんでしょうかね。それ次第では長期保証も無意味ですね。

また、昨年発表された低コストの印刷方式のJOLEDの有機ELがこれから市場に投入されてきます。
現行の有機ELと比較して様々な面で大きな差が出てくることは間違いありませんが、消費者としては長期的に使用したい事から使い捨てディスプレイにならない事が一番の望みだと思っています。極端な薄型化や特殊形状も要らないので。


by
●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。 中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です