スポンサーリンク

参考画像

高繊細で発色も良く最先端=有機EL(OLED)といったイメージが世間ではありますが、有機ELのメリットは薄型化や曲面や折りたたみなどの自由度、そして省電力がメインであるとも言えます。

発色が良い有機EL採用です!をウリにした端末説明があるけど、思った以上に有機ELは”ナマモノ”なんですよ。
スポンサーリンク

有機EL(OLED)のデメリットは少なくない

有機ELは良いことだらけではありません。
従来の液晶ディスプレイと異なり、劣化が早く消耗品でありながらも高コスト。しかし、ディスプレイを用いた機器を扱うメーカーとしては、買い替えサイクルが2〜3年程度に絞れるという都合の良さも有機ELの採用に繋がっていることは間違いありません。

有機ELはそのものが発光発色して映像を映し出しているなど、バックライト式の液晶とは仕組みが異なります。もちろん液晶でも画面焼けやバックライトの寿命も指摘されますが、有機ELは黒ベースから他色に発色するため、長時間に渡り同じ表示を行っているとディスプレイに「クセ」が付いてしまいます。この現象が「焼き付き」です。

例えば、画面を消灯せずホーム画面を点灯し続けていると、壁紙との明度がくっきり異なるアイコンから焼けていきます。また、電池マークやアイコンピクトも同様です。焼けないように防止策が…と謳っているメーカーもいますが、眉唾ものですね。

なお、i実際に焼けてしまったiPhoneXを以下の記事で紹介していますので参考にしてください。

スポンサーリンク

パネルの輝度が落ちる前に壊れる?

また、2ch.scのスレッド「【IT】韓国LG Display、世界初の8K/88型有機ELディスプレイ 重量や薄さなどのデザイン面でも液晶に対して優位性あり」内で気になる書き込みがあったので、抜粋してみました。

初期のOLEDのパネル寿命(輝度が落ち始める)は約30000~40000時間
LGの最新パネルの寿命は約100000時間(LG公称)
パネルの輝度が落ち始めるより先に他の部品が壊れるよ

焼き付きに関してだけど
LGのOLEDには(他のメーカーは知らない)パネルシフトっていう焼き付き防止機能もあるから
LGは140時間(パネルシフトをオフで連続表示した場合)ほどで焼き付き起こるって言ってるけどね

そらLGの有機ELは
なんちゃって有機EL(白色有機EL)だしな
複雑なカラーフィルターでごまかして、さらにコストもかかってるしw

有機ELは歩留まりが採算ベースにどうしても乗らず日本のメーカーは諦めて捨てたんだよ
たぶんその技術的課題はクリアされたわけじゃなくてやせ我慢してシェア優先で赤字で生産してんだと思うよ
そのあいだになんとかなると思ってんだろうけどな
ケンチャナヨ精神ってやつ

現行の有機ELも焼付き問題は解決してないよ
TVは同じ映像を映してないから問題は起きにくいだけ
でも、ウォーターマークはやばいかな
スマホは通知バーが焼き付く

日本の作っていた有機ELとは方式が違う
印刷方式で性能や寿命を減らしたのが今の有機EL

買い替えサイクルの加速に加担

有機EL採用テレビの市場情報や価格などを確認すると、コストカットして焼付きも無視した買い替えサイクルも込みで考えらた製品が多く流通している様子。

かつて日本の液晶テレビは、高価でも10年単位で使えるという特徴がありました。しかし、中韓のタイムリミット付き激安テレビの登場により、テレビの買い換えサイクルは早まってきました。その中で、有機ELテレビも安価になり、買い換えサイクルの渦に飲み込まれたという。

スマホ業界も、サムスンを筆頭にAppleやファーウェイなどが積極的に有機ELを採用し始めました。もちろん高価な端末を数年サイクルで買い替えてもらうための「バッテリー交換不可」と同じ策なのでしょう。

それにしても、あまり聞きませんが、ディスプレイの焼き付きって、どう保証されるんですかね。それ次第では長期保証も無意味になるかもしれません。

また、2017年に発表された低コストの印刷方式のJOLEDの有機ELがこれから市場に投入されてきます。
現行の有機ELと比較して様々な面で大きな差が出てくることは間違いありませんが、消費者としては長期的に使用したい事から使い捨てディスプレイにならない事が一番の望みだと思っています。極端な薄型化や特殊形状も要らないので。

今まで使ってきたGalaxyは全て画面焼けしたよ。
2019年頃からiPhone(多分 X)の画面焼けも多く見られる様になってきたね。これは新しいiPhoneへ機種変しろと言われているよう。でも焼き付いたiPhoneの買い取り価値は??
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう