【レビュー】高級感が漂うBluetoothヘッドホン「Tribit XFree Tune」

Pocket

最近はイヤホンもヘッドホンもbluetooth接続型の安価な物が沢山出回っています。しかし、この手のワイヤレスイヤホンは値段感にもよりますが、対応方式の幅が狭いため音質は一定の域を飛び抜けた物はなかなか出会えません。

安価なBluetoothイヤホンとそれなりのBluetoothイヤホンでも、装着感さえちゃんとしていれば「それなりの音」が聞けるのも事実ですが、一般的に採用されているCD音源程度までカバーできるapt-Xでは表現力に限界を感じます。

そこで候補として浮上するのが、AUXでもBluetoothでも使用できるBluetoothヘッドホンという選択肢。
様々なBluetooth対応ヘッドホンは一般的なBluetoothイヤホンと異なり、有線/無線の両方で使えることが大きな利点でもありますし、それに、口径が大きいことや耳を覆うイヤーパッドなどからイヤホンとは大きく異なった音の表現方法をします。
なのでイヤホンとヘッドホンで使い分けをするといった意味で複数持っていても損ではありませんね。

そこで今回はTribitさん(Twitter:@Tribit_jp )より上質で完成度の高いBluetoothヘッドホン「XFree Tune」を紹介いたします。

【パッケージと本体質感】

パッケージはオレンジとホワイトでシンプルでも主張したデザイン。
内容物は「本体」「マニュアル」「充電用 microUSBケーブル」「AUXケーブル」とシンプルです。

Bluetoothを利用する場合は内蔵バッテリーを利用するので充電まで約3時間を要します。その分、連続再生は24時間というロンブプレイ。バッテリーが切れてしまった場合でも、AUXによる有線接続ではバッテリーを使用しませんので、イザという時でも問題ありませんね。(AUX 3.5mmケーブルを繋ぐと自動的に電源がOFFになり切り替わります)
また、重量はバッテリー込で288gと、このサイズ感では比較的軽い部類に入ります。

本体の質感はシルキータッチなサラサラ感で、ハウジングはアルミ&メッシュといった全体的な高級感があります。合わせて、サイズ調節やヒンジ部分のつや消し加工の金属が更なる所有満足度を高めるワンポイントです。
イヤーパッドはフェイクレザー製でふかふかな質感。それに縫い合わせもしっかりしています。

右前面にパワーボタン(Bluetooth ON/OFF)、右背面にボリュームスイッチ、右下側にLEDと充電用USBポート、左下側に3.5mmジャックを備えます。

【XFree tuneの評価】

BluetoothとAUXでまた異なった聴かせ方をするXFree Tune。

【解像度】 中心部をベースに解像度の良さが伝わります。
また、ハッキリとした分離系よりも滑らかな分離をしています。高中低の音がバランス良く溶け込んでいます。
【AUX】分離系になります。各音がそれぞれの発される様に変わりました。
【中高域】 高音域は少々シャリり感がします。ドンシャリとも言えますが、バランス良い溶け込み感が手伝い、低と中高の差別化された音として悪くありません。
【AUX】シャリり感が軽減し、中高域の主張が上がる方向に。
【低 音】 低音感は標準+αでなかなか良さげ。少し尖った低音感になるのでボーカルメインで聴こうとしている場合は音量に注意。
【AUX】低音の主張感が縦から横に変わります。ザクザク刺さる低音からボワッと広がる低音系に。
【装着感】 本体サイズが標準的なサイズ感の為、頭や耳が大きめな方には少し小さく感じるかもしれません。
イヤーパッドのフィット感は良好でゴワゴワ感などの不快な物はなく、長時間のリスニングも快適
【遮音性】 ヘッドホンなので遮音性はバツグンで、公表スペックのCVC6対応のおかげか外部音は軽く遮断されている印象です。
装着中でも外部での話し声は意外にも聞き取れます。
【総 合】 約5000円の価格帯のBluetoothヘッドホンの中ではしっかりとした音の作りをしています。
また、外観も安価に見えるプラスチック感はまったく感じさせません。ヒンジによる折りたたみが可能なのでコンパクトに収納可能です。

※販売価格を基準として各項目を評価しています。価格が高い=高評価という物ではありません。

総合的に見て、Tribit社の製品は(モバイルスピーカーのXSound Goも含めて)所有満足度が高いのが特徴といえます。オーディオ業界では安価なラインナップですが、細かい所までしっかりとした出来なのは珍しいですね。
日本ではまだまだ知名度が低いのですが、これから注目を浴びていっても不思議ではないオーディオメーカーではないでしょうか。

「XFree tune」はAmazonにて4,999円にて購入可能です。

 

(文/編集部)
※本記事はスタッフによるAmazonレビューをベースにリライトし画像を追加した記事になります。
※記事依頼などのお仕事は contactz@moblabs.info まで

モバラボ編集部

●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。 中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。

あわせて読みたい