【レビュー】EarPods互換互換の中華イヤホンMEMT T5。質感もバランスも良好!

Pocket

iPhone付属のEarPodsの形状をしたイヤホン。
あの形状はピッタリ合う人はとても付け心地の良い装着感で、疲れにくいんですよね。
ただし壊れやすく買い替えを繰り返している方も多いと聞きます。ただ正規店で買うとコストが高く、ネット販売では信用できないショップが偽物を発送していたりします。

今回はそんなEarPodsよりワンランク上の互換形状のイヤホン「MEMT T5」を紹介いたします。質感・デザイン・音質など全てが上位互換と言っても過言ではないこのイヤホンはHRCASEさん(Twitter:@Qianqian_HRcase よりご提供いただきました。

ポップなパッケージと付属品

パッケージはカラーバリエーションにより異なるこだわりよう。ロゴやイヤホンはエンボス加工印刷が施されていました。
内容物は「本体」「イヤーピース2種」「ケース」「プラグキャップ」「マニュアル」
内箱がパステルグリーンで、ブラック+パステルグリーンの組み合わせは意外というかオシャレですね。

ハウジングとケーブル

イヤホンのハウジングは全体が金属製で高級感があります。
レッドモデルになりますが、内側のダークグレイの金属は汚れや傷が目立たないのも特徴ですね。
また、ハウジングの背面はマグネット式になっており、一旦イヤホンを外した際に首にかけたり、収納する際に左右がバラつかないという点で便利。
また、ハウジングが金属製という事もあり多少の重みがあります。手のひらで遊ばせると一般的なイヤホンより重みを感じますが装着時には何ら気にならない程度なので問題ないですね。

ケーブルに関しては半透明のダーククリアで細め。中間点にはマイクも付いています。
癖が付きにくく雑に扱っても下手に絡まらないタイプのケーブルで、通常のケーブルに良くあるゴム感とは異なり、サラサラなのでタッチノイズの干渉も低めです。

ジャックは4極金メッキの小型L字タイプで、持ち手部分はハウジングやマイク部分と同様に金属製。DAPやスマホとの接続は見栄えが良いので所有満足度が増します。

MENT T5の評価

中華イヤホン系は優れたメーカーが多いですが、デザインと質感、価格と音質のバランスが良いのはこの製品の特徴だと思います。

【解像度】 解像度はスタンダードクラス。値段感を考えると充分に聴けるレベルで、家よりも外での普段使いの用途向け。
【中高域】 良くも悪くもフラットタイプの表現。中高域は聞きやすく、シャリりませんがしっかりと音を表現します。極端な音のトラックでない限り気になることはありません。
【低 音】 ドンドン系ではなく中高域同様のフラットタイプ。刺さるドンがないのが◯。EarPods系のハウジング特有の装着次第で低音の聴こえ方は大きく異ると思います。
【装着感】 そのままEarPodsの装着感+金属。耳孔にハメるわけでも入れるわけでもなく「置く」といった感じですね。
その為耳疲れにくく、付属のイヤーパッドを用いることでフィット感を向上させる事ができます。
【遮音性】 遮音性は高くありません。しかし音が漏れるという物でもありません。通常利用であれば気になる点はまったくありません。
また、普段使いで外界の音が遮断されたり耳に詰まるような装着感のあるイヤホンが嫌な場合は最適と思います。
【総 合】 EarPodsから全ての応じてワンランクアップしたい、そんなイヤホンです。質感、デザイン、収納、音質、全てに応じて向上します。

※販売価格を基準として各項目を評価しています。価格が高い=高評価という物ではありません。

MEMT T5の感じた印象は、最初から最後まで「質感とデザインによる所有満足度の高さ」でした。ケーブルに関してもダーククリアかつ内部のスパイラルケーブルが見えるデザインが珍しく見栄えが良かったです。
ただし、ドン&シャリ的な音質に拘りたい人はEarPods形状のイヤホンはオススメできませんが、EarPodsからのレベルアップに最適と断言できます。(イヤーパッドも使いまわせますし)

MEMT T5」はAmazonにて2599円にて購入可能です。
カナル型や耳掛け型が合わない人にもオススメです。

 

(文/編集部)
※本記事はスタッフによるAmazonレビューをベースにリライトし画像を追加した記事になります。
※記事依頼などのお仕事は contactz@moblabs.info まで

モバラボ編集部

●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。 中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。