スポンサーリンク

ついにOPPO JAPANが始動!

 

先日報道された通り、OPPO JAPANとして登記されたOPPOですが、ついに2018年4月から本格始動する事が分かりました。

求人情報サイトDODAに掲載された情報によると、法人向け営業経験者を募集している様ですね。

また、2018年4月にOPPO端末が登場?と気になるところですが、以下を見てみましょう。

■同社の特徴:
同社は中国の電気機器メーカーOPPOの日本法人として、2017年8月に立ち上がったスマートフォンを販売する企業です。最近、台湾での進出を果たし、2018年4月に日本とロシアで販売を開始する予定です。
同社のスマートフォンは、内臓カメラの画素数が1,600万画素という高さを誇り、高速充電が可能な点が人気の理由です。また、カラフルで薄いフォルムや本体価格が5~6万円と若者をターゲットに商品展開を行っています。

 

「2018年4月に日本とロシアで販売を開始する予定」とばっちり書かれていますね。

どこから登場するのか、となるとまだハッキリしていません。大手3キャリアでの中華系スマホは様々登場しましたが中々定着することがなく、苦戦を強いられています。

しかし、サブキャリアやSIMフリー市場ではHUAWEIやASUSを中心に人気を博していることから、ワイモバイルやUQモバイルなどのサブキャリアから登場する可能性が考えられます。

OPPO JAPANは日本向けに何かカスタマイズするのか、それともそのままグローバル端末をリリースするのか楽しみですね。

 

(文/まじこ)

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう