TypeCも搭載。MFi認証有りmicroSDカードリーダーが登場!

あの上海問屋から、今巷で注目されているスマホ向け全部入りOTGリーダが発売した。

正直いって、コレ1個あればOTGに関してやりたい事が十分にできる。モバイル好きなら1個は持っておきたい逸品だ。

特徴は、MFi認証のLightning・TypeC・microUSB・USBポート(microSDリーダー付)を搭載する。専用アプリでスマホからのデータの読み書きや、PCに対してカードリーダーの役目も果たすという何かあった際に役立つツール。

本体は13gで金属が採用されているのも評価ができる。

今までの類似製品は、TypeCが非搭載だったり、MFi認証なしであったり、時代遅れのminiB(または80Pin)だったりと惜しい仕様な物。
このカードリーダーは所有欲を満たしてくれる事は間違いなさそうだ。

一点欠点を言うならその価格。
これで税込み2999円というので興味本位のおもちゃとして所持するには少々高い。それなら、既存商品にTypeC変換アダプタを被せて使う、となる人もいるはずだ。
もしもコストカット版でMFi非認証モデルが出て来る際は、パッケージ品で1680〜2000円程度ならば購入意欲も湧く物に変身する。

ただし、大事なデータを仲介させるものなので、あまり安いヤツってのも印象良くないですね。
そこら辺を天秤に掛けるのが難しいところです。

 

参考:上海問屋


もばらぼ編集部

●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。

あわせて読みたい