ガジェット情報をDeepにお届け

譲渡されたFREETELは”かつてのブランドメージ”を取り戻せるか

Pocket

FREETELのスマホ部門を救済?

しかし、救済されるのは企業なのかユーザーなのか。今までのFREETELスマホは、カタログスペックさえ良い物の開いてみるとバグが多かったり質感が安定しなかったりと、長期に所持する端末としては少し不安感がありました。

今回の譲渡はユーザーにとって有益なFREETELブランドの復活になるのでしょうか。

MAYA SYSTEMが1日9日付でプラスワン・マーケティングから譲渡を受けたのは、端末の設計やサポート事業など。従業員も40人程度を引き取る予定で、譲渡額は非公開。

2018年2月に発売を予定する新製品についてはプラスワン・マーケティングが事業譲渡前に設計を終えていた製品であり、プラスワン・マーケティング子会社のプラスワン・グローバルが製造を手掛ける。独自店舗は事業譲渡の対象に入っておらず、MAYA SYSTEMは家電量販店や販売代理店、MVNO(仮想移動体通信事業者)、同社Webサイトなどを通じて販売する予定である。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/011202947/?rt=nocnt

 


by
●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。 中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です