少し前、Samsung(サムスン電子)が新型の折りたたみ式スマホ「W21 5G(SM-W2021)」を開発中であることが報じられました。このスマートフォンは、Wi-Fi Allianceの認証情報にてその存在が確認されましたが、最近になって新たな情報がリークされています。

この「W21 5G」は、中国のCCC制度(日本で言う技適のようなもの)に認証されたことが明らかになっており、その認証情報から最大25W(11V、2.5A)の充電速度を備えていることが判明。Samsungの25W充電アダプタ「EP-TA800」が使用されると見られます。※EP-TA800は既に他のフラッグシップモデルに付属されている。

また、この認証情報に記載されている申請者は「Samsung (China) Investment Company Limited」となっており、中国市場向けのであることが分かります。

その他の情報として、前モデルのW20と同様に5Gに対応し、Wi-FI6接続も搭載するようです。「W21 5G」は旧型の折りたたみ式スマホであるGalaxy Foldに似ているといいますが、見分け方として側面のデザインの違いがあるようです。

なお、SoCは「Snapdragon 865」が採用されると見られていますが、その他のスペックも含め公式発表後に明らかになることでしょう。

 

 

Source: MyFixGuide

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事