海外のFacebookやその他のSNSで広まっている真相が不明な情報があります。それは、iOS14から搭載されたウィジェット機能は実はキーロガーが働き、iPhoneで入力した情報を盗み取っているというものです。

しかしそれは事実とは異なる情報であると、海外メディア「9to5Mac」は報じています。ウィジェットには保護機能しかり、できることが制限されているので、技術的に情報を盗み取ることは現時点では不可能です。

先のFacebookなどでの情報の発端は「文字の入力中に遅延を感じる」などパフォーマンス低下に気付いたユーザーによるものだそう。パフォーマンスの低下はiOS14の要求するスペックの高さ、新たな機能や不具合などが関与していることであり、一概にウィジェットが悪さをしているとは繋がりません。しかし投稿者は、iOSのセキュリティコードの自動入力(パスワードなどの自動入力)機能もアプリが入力内容を監視している1つの証拠だと発言しています。

また、新機能である「パスワード漏洩の可能性を警告」に対し、iOS14がパスワードを漏洩させた原因だ!と勘違いしたユーザーもいる可能性も指摘しています。それに合わせ、更に追加されたiCloudキーチェーンの機能に関しても「キーロガーの兆候」として捉えたことも今回の騒動が大きくなった原因かもしれません。

 

Source: 9to5Mac

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事