1: 2020/03/05(木) 19:20:48.99 _USER

東プレ株式会社は3月5日、同社初の有線USBマウス「REALFORCE MOUSE」を発表した。19日より家電量販店などで発売し、店頭予想価格は19,000円前後の見込み。

 日本屈指のキーボードブランドである“REALFORCE”を冠し、その代名詞でもある「静電容量無接点方式スイッチ」を左右クリックボタンに実装しているのが最大の特徴。

 REALFORCEのキーボードと同じく、荷重の変化がなだらかで、“フェザータッチ”と柔らかな呼ばれるクリックが可能。接点がないため非常に静かであるほか、その特性上チャタリング(二重入力)も起きず、耐久性は5,000万回に達している。

 形状は右利き用の左右非対称型で、サイドボタンを用意したスタンダードな作りを採用。ボタン数は左右クリック、ホイール(チルト非対応)、2つのサイドボタン、DPI切り替えスイッチの合計6ボタンを装備。左右クリックを除きプログラマブル対応で、専用アプリを使用して各種機能の割り当てが行なえる。

 光学センサーはゲーミングマウスなどに採用されているPixArt PMW3360を搭載。ゲーム用途だけでなく、CAD/CAM/CGデザインといったプロユースにも好適としている。トラッキングの解像度は400~12,000DPIの範囲で100DPI刻みで設定でき、DPI切り替えスイッチを使って、4つのDPIを即座に使い分けることができる。

 底面にはポーリングレートを切り替えるスライド式スイッチが用意されており、125/500/1,000Hzに設定可能。また、アプリからリフトオフディスタンスの距離を設定でき、「Low」および「High」の2種類の好みの高さでセンサーの反応を変えることができる。

 ゲーム用途を意識したLED機能を備え、本体手前にあるREALFORCEのロゴと、DPI切り替えスイッチの近くにあるインジケータを7色の光で彩れる。DPIをスイッチで切り替えたさいには規定の色で数秒光るようになっており、その後任意に設定した色に切り替わるようになっている。またプロファイル機能も用意しており、アプリを通して選択できる。

https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1238808.html

 

11: 2020/03/05(木) 19:35:43.78
>>1
製品原価2000円以下じゃないの?
アホかと。

 

92: 2020/03/06(金) 00:08:13.63
>>1
19000円にワラタ

 

21: 2020/03/05(木) 19:48:58.28

Microsoftのマウス3500で十分

1500~1800円だ

 

22: 2020/03/05(木) 19:50:04.83
1000円以下のマウスを使い捨て

 

48: 2020/03/05(木) 21:00:27.43
高w
しかも有線w

 

49: 2020/03/05(木) 21:03:07.97
買いたいと思ったがネット通販だと
まだ売ってない様子

 

85: 2020/03/05(木) 23:53:22.33
東プレのキーボードは2万出す価値は十分にある(掃除すれば10年でも15年でも使える)
けど マウスに2万は出せないなぁ、、、、13000円なら買ってた

 

103: 2020/03/06(金) 02:02:35.64
いまどき有線かよ

 

108: 2020/03/06(金) 03:30:45.27
まあキーボードと対になる製品というのは分かる…買わんけど

 

112: 2020/03/06(金) 07:15:32.13
丈夫そうだしいいんじゃないか。重さ的に鉄板入ってることも無さそうだしw
作業用なら左右兼用のデザインの方が良かったな

 

114: 2020/03/06(金) 11:35:48.72
使ってしっくりこなかったとしても、すぐに買い換えるなんてことができないお値段だな

 

120: 2020/03/07(土) 07:35:47.65
壊れなさそうでいいな
ボタンが少ないのと有線だから買わないけど

 

出典:https://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1583403648/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事