スポンサーリンク

FirmBee / Pixabay

Windows Phoneが天下を取る、なんて豪語していたITライターさん元気ですか?

あれから数年立ちますが、市場ではWindows Phoneは絶滅していまいました。長年市場の兆候を見つつWindows Phoneが天下を取るなんて考えるのはニワカ以外の何物でもないですね。今はどんな記事を書いているんでしょうか。

と、私信は置いておいて、Cnetの記事ではMicrosoftのビル・ゲイツ氏が「Windows Mobile」の失敗についての言い訳を公開しています。
確かに、と思える部分もありますが、Windows CEとWindows Mobile、Windows PhoneとOSを進化させてきましたが、全てのOSを使用してきた感想として、前者2つで感圧式タッチパネル+スタイラスにこだわり過ぎたのも大きな原因かと。

余談で、東芝製のIS02って覚えてます?
あの時代でも感圧式タッチパネルだったせいで、既に静電容量方式タッチパネルを採用していたiPhoneやAndroid端末と比較され、本気で「タッチパネルが不良品」と思われサポートが大混乱したって話。その時点で国内の需要は朽ちましたね。後のIS12Tもロースペのデカ文字ノッペラUI&無料アプリ少なく、国内でシェアを挽回することはできませんでした。(で、1に戻ると、そんな状態でよく天下を取れるとか思ったんだろう)

スポンサーリンク

ネットの反応

1: 2019/11/08(金) 12:07:16.50 _USER
 Microsoftの共同創設者Bill Gates氏は、米司法省が起こした独占禁止法訴訟に気を取られたために、「Windows Mobile」を開発する機会を台無しにしてしまったとの思いを語った。

気を取られていなかったら、Windows Mobileは現在の「Android」の地位を占めていたとGates氏は考えている。

Gates氏は、「The New York Times DealBook Conference」でのインタビューで次のように語った。「独禁法訴訟がMicrosoftにとってマイナスだったのは間違いない。あれがなければ、われわれはモバイルOSの開発にもっと注力していただろうし、あなたたちだって、今ごろはAndroidではなくWindows Mobileを使っているはずだ」

Gates氏はさらに、機種名は挙げなかったがMotorolaのスマートフォン(2009年の「Moto Droid」と思われる)にWindows Mobileを提供し損ねてしまったと述べた。Moto Droidは、Motorola初のAndroidスマートフォンで、米国でAndroidを世に広めるのに貢献した重要なデバイスだった。

「もうちょっとというところまで来ていた。私が気を取られすぎたばかりに、台無しにしてしまった。リリースが3カ月遅すぎた。そうでなければ、Motorolaがスマートフォンに採用していただろう。勝者総取りだ。それは確かだ。今となっては、ここにいる人は誰もWindows Mobileについて耳にしたことすらない」(Gates氏)

Gates氏の見解では、Microsoftが巻き込まれた独禁法訴訟のせいで、Windows Mobileの可能性を最大限に引き出すような開発はできなくなった。一方、このような法廷闘争は消費者にとっても必ずしもプラスにはならなかったとGates氏は主張した。

しかし後になって、Gates氏は独禁法訴訟やWindows Mobileの悲運について良い面もあったと考えている。同氏は、独禁法訴訟がなければそれほど早くに引退することはなかったとして、引退したことによりビル&メリンダ・ゲイツ財団に取り組む機会が得られたと語った。
https://japan.cnet.com/article/35145116/

35: 2019/11/08(金) 12:52:10.71
>>1
WinCEさんの呪い

 

59: 2019/11/08(金) 14:08:59.51
>>1
>このような法廷闘争は消費者にとっても必ずしもプラスにはならなかった
トロンを潰したような政治工作も消費者にとっても必ずしもプラスにはならなかった

 

69: 2019/11/08(金) 14:31:57.18
>>1
ウィルコムでWindows mobile使ってたぞw

 

2: 2019/11/08(金) 12:08:14.59
イマイチだった、だろ

 

78: 2019/11/08(金) 15:20:30.45
>>2
なんかタイルみたいなUIだったっけか?

 

3: 2019/11/08(金) 12:10:30.17
シャープのW-ZERO3は、いまのiphoneより情報の秘匿性では上だった

しかし、シャープごと沈んでしまった

 

37: 2019/11/08(金) 12:53:27.63
>>3
あれ何もしてなくても黙ってハングアップしてて電話機能丸ごと死ぬんだもん
一般的なWINCE用のアプリを入れても動かないものも多かった
そのせいかと思って、ワクワクしながら入れた様々なアプリを全部消して初期化してもそれでもハングする
2カ月で元の普通のPHSに戻したわ
よくあんなゴミを発売したもんだと当時滅茶苦茶腹が立った
5万円だったかな 今でもジャンクボックスの中に眠ってるわw

 

39: 2019/11/08(金) 12:55:28.56
>>37
そうなの?俺が使ってるときはそんなの無かったな

ただ運が良かっただけかも、こなれた遅れた時期に買ったし

 

46: 2019/11/08(金) 13:00:06.74
>>39
俺一番最初の初期ロットにワクテカしながら飛びついたからかも・・・・

 

81: 2019/11/08(金) 15:28:44.18
>>37
俺はes使ってたけど特に不具合とか無かったな

 

77: 2019/11/08(金) 14:59:42.73
>>3
WILLCOMで使ってたな。
PHSでスマホだしな。(笑)

hp elite x3使ってたが、とっとと撤退しやがるし。
ちゃんと作ってくれれば、ビジネススマホとしては生き残れたと思うんだが。

 

7: 2019/11/08(金) 12:13:04.10
普通にXP載せろよ
って意見は多かった

 

8: 2019/11/08(金) 12:13:11.49
たらればの話かよ
今更、見苦しい

 

9: 2019/11/08(金) 12:13:37.14
アプリが少ないとやっぱり駄目だったな
使い勝手なんかは同時期のandroidと大差はなかった

 

52: 2019/11/08(金) 13:27:51.47
>>9
ソフト屋がソフトで負ける

 

12: 2019/11/08(金) 12:15:43.01
今からやればいい
もう一回、本格参入だ
XBOXみたいに闘志をみせて

 

15: 2019/11/08(金) 12:22:56.17
未だにq501使ってるよ
スマホサイズでwindowsが動いて面白かったけどね。
今じゃ安いアマタブでもEC2などのリモート動かせるからな

折りたたみ端末に期待。頑張れ

 

16: 2019/11/08(金) 12:24:33.57
CEもMobileもPhoneも全部諦めてしまったな。
osが継続的に提供されるのが長所だったのに、ちと残念。
安価なビジネスアプリが開発し易かったんだが。

 

17: 2019/11/08(金) 12:27:53.18
CE系は可能性の塊で終わってしまったな。

アップルより早くにモバイルが伸びるーって、良いとこに目をつけたんだが育てるのが下手くそ過ぎた。

 

18: 2019/11/08(金) 12:33:22.03
いや、日本ほかのNTTの独占で、CEなんかに通信機能内蔵できず

それはジョブスの自分の娘も売るような無茶苦茶なコネじゃないと無理だったんでは

 

19: 2019/11/08(金) 12:35:18.91
もうちょっとというか、全部かゼロかだよな

 

20: 2019/11/08(金) 12:35:51.47
googleの方がいろんな機能無料で提供してくれるからマイクロソフトなんてだめだったよ
どうけマップもクラウドもなにもかも有料にしてただろ

 

22: 2019/11/08(金) 12:37:16.82
>>20
それ言うと、NTTの独占商売だとどれも高価で身動き盗れなかったかもな

 

26: 2019/11/08(金) 12:43:55.91
>>22
やっぱり無料でなんでも提供するってのは強みだよな

 

23: 2019/11/08(金) 12:41:21.41
Windows CE普及のためにドリームキャストを応援すれば良かったのに・・・・

 

27: 2019/11/08(金) 12:44:18.60
Windows CEをそのままスマホにすれば、大成功だったのにねw

 

38: 2019/11/08(金) 12:53:47.92
>>27
CEに通信機能内蔵させても厳しいだろ

ワードにエクセルのそのままが動くわけでもない

仕事で使うマクロもなんでも手のひらで動いてくれるとそら助かるけど、そうはならない

 

28: 2019/11/08(金) 12:44:50.07
Skypeの失敗にはどんな言い訳するのかな?
出典:https://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1573182436/
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう