人気のMVNOに「楽天モバイル」「mineo」「OCNモバイル」

Pocket

ちょっと意外かもしれません。MVNOは楽天モバイルが一番人気、次にmineoとOCNモバイルが続く様です。

「メイン端末でMVNO(格安SIM)を使う人が全体の1割」──MMDLaboは3月12日、格安SIMサービスの利用動向を発表した。格安SIMの利用率は年々増加し、2018年3月時点で10.1%に到達。調査によれば、一番人気は「楽天モバイル」だった。

メインで利用する携帯電話やスマートフォンの通信事業者は、「docomo」(32.5%)、「au」(28.0%)、「SoftBank」(22.1%)の大手3キャリアが多いが、その合計は82.6%で17年3月の調査と比べると3.1ポイント減少した。

一方、格安SIMを提供するMVNOの割合は年々増え、前年比2.7ポイント増の10.1%に達した。格安SIMユーザー(6721人)がメインで利用するサービスのうち、最も多かったのは「楽天モバイル」(22.2%)。次に「mineo」(14.3%)、「OCN モバイル ONE」(9.7%)が続く。
出典:ITmedia

ここで何が要因となっているのか考察してみます。

まず、楽天モバイルは「知名度」「端末の豊富さ」「プラン」「楽天との連携やポイント」などから評価されていると思われます。
通信回線に関しては、改善されたとの話もありますが、これからのキャリア化に関する話もありますのでその点の要素もあったのではないでしょうか。

次にmineoは「口コミ」「コミュニティ」「回線選択」「パケットギフト」などのサービスなどの要素を中心に評価されていると思われます。
低用量プランでもタンクやパケットギフトなどを用いる事で安価で大容量を持つことができるのも良いですね。

最後にOCNモバイルですが「端末の豊富、安価」「安定」「販路」「複数枚持ち」などが要素ではないでしょうか。
最近のキャンペーンで端末を安価で提供したり、NTTレゾナントを中心にグループによる販路の多さなども決め手ですね。
複数持ちや他社でも可能ですが、NTTブランドや前記の要素を踏まえての人気なのは間違いありません。

筆者は、以前にmineo、現在はOCNモバイルを使っていますが純粋なMVNOはまだまだ昼間の通信速度が課題ですね。

 

モバラボ編集部

●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。 中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。

あわせて読みたい