Meizu、小型サブディスプレイ搭載の新スマホ「Pro7/Pro7 Plus」で巻き返しになるか

Pocket

Meizuの背面液晶搭載の新モデル「Meizu Pro7/Pro7 Plus」がついに正式発表されました。

「Meizu Pro7/Pro7 Plus」は今までの噂通り、背面に小型の有機ELをサブディスプレイとして搭載しています。通知・天気・時間や音楽に関しての情報を表示するだけでなく、背面カメラ撮影時に自撮り用のディスプレイとしても利用することが可能なようだ。

サブディスプレイ以外のスペックとしては、

SoC:Mediatek Helio P25/P30
メモリ:4GB+64GB/6GB+128GB
ディスプレイ:Super AMOLED
カメラ:16MP(前面)/12MP x2 (背面)
バッテリー:3000mAh(Pro7)/3500mAh(Pro7 Plus)
充電:Meizu mCharge

スペックとしては、ミドル〜ミドルハイの位置付けとなります。

価格は、Meizu Pro7は約430ドル、Meizu Pro7 Plusは約530ドル。8月5日に中国本土で発売されますが、中国以外の国での発売は現在未定となっています。

 

 

参考;THE VERGE

(まじこ)

モバラボ編集部

●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。 中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。

あわせて読みたい