スポンサーリンク
Pocket

Xiaomiの新フラッグシップモデルXiaomi Mi6の発売が5月へ遅れそうだ。

Xiaomiは前作のMi5ではSnapdragon820という充分な性能を活かしきれなかった。Mi5Sといったマイナーチェンジ版でようやく完成しました。これはOnePlusも同じで、OnePlus3からの未時間期間でのOnePlus3Tで完成したという。ここ最近、Qualcommの戦略というかSoCの製造問題に悩まされている感じだ。

そして今回はXiaomiはタイミングが悪かった
4月に全世界で一番Snapdragon835機として製造されると思われるSamsungのGalaxyS8がリリースを控えている。そのせいもありXiaomiへの供給が後回しされたのではないだろうか。

参照(Phone Area

スポンサーリンク
おすすめの記事