安物ブランドではない。OPPO R11sが2/9発売

Pocket

 

意外に強気な価格。

OPPO日本上陸第一弾はミッドレンジモデルのR11sという事が正式に発表されました。スペックはこちら
問題なのはその価格。57,800円(税別)とされていますが「あれ、ちょっと高い?」という印象。税込みで6万を超えてきます。
SoCはSnapdragon660でミドルハイクラスの性能なので、通常利用時は必要以上なパフォーマンスを発揮します。メモリやストレージはスタンダードで4GB+64GBと平均レベル。

そしてOPPOはR11sをカメラフォンとして大きく売り出していく様です。問題なのは、日本市場で一般的にカメラフォン(性能はうんぬん、カメラスマホをしてのイメージ)と言えば、iPhoneを筆頭にXperiaやライカ提携のHUAWEIのPやMateシリーズ、Galaxyシリーズ等が挙げられます。
OPPOはそれらの「カメラスマホのイメージ」を超えられるのでしょうか。

1月31日、中国スマホシェア1位のスマートフォンブランド「OPPO」の日本法人、OPPO Japan株式会社が都内で記者発表会を開き、日本市場参入第1弾となるSIMフリースマートフォン「R11s」を、2月9日よりビックカメラ、ヨドバシカメラなどで販売すると発表した。カラーバリエーションはシャンパーニュ(ゴールド)、ブラック、レッドの3色で、価格は57,980円(税別)。

今回、日本市場に投入される「R11s」は、6.01インチ、画面比率85.8%の大型ディスプレイを採用。バッテリー容量は3205mAhで、5分間の充電で2時間の通話を可能とする急速&低電圧充電機能「VOOCフラッシュチャージ」も搭載している。この機能により、充電をしながらゲームをしたりしても本体が熱くならない設計となっているという。

http://news.livedoor.com/article/detail/14237542/

ワタシ的には、世界で(超と言っていいほど)出荷されているR9が3万円台で登場するものと思っていました。しかし、R11sの6万という価格設定は「OPPOは安物ブランドではない」という主張が伝わってきますね。

フェイクiPhoneでアジアの天辺を取り、脱フェイクiPhoneモデルで日本に投入したOPPO。今後も期待です。(できれば関連のvivoやOnePlusも日本に来て欲しいですねえ)

モバラボ編集部

モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。
中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者であり元世間を騒がせ会社の人であり規制前にマ●●ン売ってたヤツであり香港深セン輸入マンでもあります。
にわかなスマホ情報発信者を斬ります。

最近の記事

人気記事

PAGE TOP