SoftBank、本人確認せず回線を契約。わかっているだけでも35件。不正利用か?

「どこの誰になんで?」

SoftBankが本人確認をせずに携帯を契約させたという事が指摘されています。

本人確認の強化に関しては、不正利用防止や反社会的勢力などが詐欺行為に利用する事を抑止するためです。SoftBankは今回指摘されている対象者に対し「なんで」本人確認を行わなかったのか、不明であり疑問です。

本来であれば絶対に本人確認するはずですが、そこには何があったのでしょうか。

携帯電話大手、ソフトバンクの販売店で、一部のスタッフが法律で定められた本人確認を行なわずに契約を結んでいたとして、総務省は27日、ソフトバンクに対し、携帯電話不正利用防止法に基づく是正命令を出しました。
総務省によりますと、ソフトバンクの一部の直営店では、平成26年の9月から11月にかけて、利用者本人ではなく代理人が来店して行った携帯電話の契約の申し込みに対し、法律で定められた運転免許証などによる本人確認を行なわずに、合わせて35件の契約を結んでいたということです。

携帯電話不正利用防止法では、携帯電話が振り込め詐欺などの犯罪に使われるのを防ぐため、契約の際には、運転免許証などによる本人確認を義務づけています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170627/k10011032051000.html

指摘された35回線に関しては、本人確認を別途行うのか、それともSoftBankの責任としてそのまま契約を維持?

兎にも角にも、携帯電話からの営業電話や迷惑メールなども減らずに一定数存在しています。そのような本人未確認の捨て番号を何とかして欲しいですね。

 

(まじこ)


もばらぼ編集部

●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。

あわせて読みたい