【docomo with】ドコモの新ツートップはミッドレンジGalaxy&ARROWS

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

ドコモが来月発売の2機種を1500円ほど安価に持てるプランを打ち出す。

ドコモ発表のソースではGalaxyとARROWSのフラッグシップモデルではなくミッドレンジの2機種。このチョイスは…新しいツートップですね。フラッグシップモデルが適用されなくて非常に残念です。

スマートフォンの割安な料金プランを打ち出しているKDDIとソフトバンクに対抗するため、
NTTドコモは来月から、特定の端末を新規に購入した利用者を対象に、
月額の通信料金で一律1500円の値下げに踏み切ることになりました。

関係者によりますと、ドコモは、来月発売する新型のスマートフォン2機種を購入した利用者を対象に、
新しい料金プランを打ち出します。具体的には、個人向けや家族向けなどすべての料金プランで、
一律、月額の通信料金で1500円の値下げを行います。
このうちデータ通信量の上限が2ギガの個人向けプランの場合、月額4000円となります。

さらに、2年に限って割引料金を適用し他社からの乗り換えを実質的に優遇してきた
料金体系についても、長期に契約している利用者には不利だという批判を踏まえて、
この新しいプランでは廃止するということです。

対象となる2機種の端末は2万円台~3万円台で、一部の機能を簡略化し、
主に格安スマホで利用されている機種と同等のものとなります。
すでに端末代金が割り引かれているアップルのiPhoneなどは値下げの対象とはなりません。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170524/k10010992821000.html

 

この割引が適用される事でUQモバイルやワイモバイルの様なサブキャリア近くの値段になります。しかし、ドコモ内の特定の機種となると、今後またプランの複雑化や穴が出てくるに違いありません。

ただし、最近のドコモは「特定の年齢層」「特定の機種」などオトクになるのが特定条件をクリアした人のみとなっているのが残念です。もっとプランのスマート化はできないものでしょうか。

10年前に打ち出されたdocomo2.0による反撃はいつになるんですかね。

 


もばらぼ編集部

●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。

あわせて読みたい