Samsungデザインを模倣する事になったAppleとGoogle?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

SamsungのGalaxyS8は何やかんやでお騒がせしているが、デザインこそ至高の存在。Samsungじゃなかったら絶賛する方々もいるはずだ。

そんなデザインを後追いする形でAppleとGoogleが新端末を現在準備している。エッジディスプレイに関してSamsungは2014年リリースのGalaxy note edgeから採用を始め、年々進化を繰り返してきた。今回のS8シリーズもその正統進化としたデザインとなっている。

そのS8に突然似ることとなったのが新型iPhoneや新型Pixelだという。Appleに関しては2016年頃からエッジディスプレイ&ベゼルレスの採用の話は出ていた。その時点でSamsungの後追い、と指摘するユーザーも多々存在した。Googleに関してはPixelの第二世代がエッジディスプレイ&ベゼルレスモデルだというのだ。

出典元の記事内では模倣(いわゆるパクリ)という表現が使用されているが、どうもしっくりこない。
どれもこれも参考となるデザインはあって仕方ないわけで、あからさまな模倣として出てきた際にそう指摘して欲しかった。

今回のAppleやGoogleの新端末はまだ正式発表ではないので、正確な情報ではないが、あくまで後追いデザインだ、という事だけである。

サムスンのスマートフォンは長年、iPhoneを模倣していると言われてきた。デザインと特許侵害をめぐってアップルがサムスンを訴え、数年にわたる法廷闘争になったこともある。

だが今、流れが変わってきている。アップルとグーグルがサムスンを模倣しているのだ。

続きはこちら(ビジネス・インサイダー


もばらぼ編集部

●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。
中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。

あわせて読みたい