人工衛星のイメージ

人工衛星のイメージ

ソフトバンクは、2022年中に開始予定の衛星通信を使ったIoT(Internet of Things)向け通信サービスを、月500円以下で提供する計画であることがわかった。現在の衛星通信サービスは月5000~数万円の通信料がかかることが多く、他社の10分の1という価格破壊になる。地上の基地局経由の通信では圏外になることが多い海上船舶の位置把握や、山林の建機の稼働状況などでの利用を想定する。ソフトバンクは衛星通信サービスを海外展開する計画で、海外ビジネスを拡大する起爆剤にする考えだ。

月500円以下のIoT向け衛星通信サービスは、ソフトバンクが21年6月に提携を発表した、米新興企業であるSkylo Technologies(スカイロテクノロジーズ、以下Skylo)の技術を活用する。Skyloの特徴は、「衛星版MVNO(仮想移動体通信事業者)」(ソフトバンク)というべき、ビジネスモデルを持つ点だ。

Skyloは人工衛星を自ら所有せず、高度3万6000kmにある静止軌道衛星を運用する英Inmarsat(インマルサット)から衛星通信の帯域を借りてサービスを提供する。さらに、IoTを対象に帯域を絞り、1回線当りの通信速度を20kビット/秒と抑えることで破格値を実現する。

https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/01537/00142/

スマホ向けは将来的にどうなんでしょ??
楽天も計画しているよね!期待してないけど
今は登山向けに注目されそう

ネットの反応

・禿しく攻めてるな

・山でつながるなら間違いなく欲しい

・シェア取ったのちに値上げ。

20kbpsって5chですら厳しいな

・デジタルストーカーが捗りそう

三木谷の楽天衛星電話は?

・お前ら20Kbpsでがまんできるのw

・IOTって書いてるのに的外れなレスしてる人は心底頭が弱めなんだろうね

僅か数キロでも地球上なら何処でも通信出来るのは凄いわ。
別にインターネットとか出来なくても、地球上に設置したあらゆるセンサーとデータを送受信出来るんだからな。

・谷筋でも通信できるならGPSロガーと組み合わせて登山用に使いたい。

・山の事故が減るな

・楽天にだけは負けたくないんですね
わかります

 

出典:https://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1625746397/

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事