ガジェット情報をDeepにお届け

バッテリー劣化の性能制限問題でAppleが敗訴してくれないと困る事

Pocket

訴えている人達…

 

に関して色々と思う方も多いはず。しかしこの裁判ってスマ業界を今後を左右するかもしれません。

iPhoneやiPadを長年利用している方なら体験したことのある「アップデートしたら動きが悪くなった」という暗黙の買い替え戦略に対して何もできなかったユーザー側ですが、ここでAppleに対して影響を与えられるのでしょうか。

もしも敗訴してしまった場合は…

 

中華勢が性能制限を真似する

今回の件でApple側が完全に勝訴してしまうと、何でもAppleの後追いする中華メーカーが同様な仕掛けを実装してくる可能性も考えられます。ある程度のシェアを持っているメーカーであれば、買い替え戦略である機能を実装したくなるのは当たり前です。

Android勢でこの制限(そう言えばSnapdragon810では制限されてましたね)がされてしまった場合は再びAndroid端末の評判が落ちるのは絶対的です。

 

もしも、バッテリー性能による性能制限が認められた場合でも、メーカー側がバッテリー交換プログラムを手厚く徹底するなど、ユーザーに対してサービスが向上するのであれば、一番良い方向ではないでしょうか。フラッグシップ端末は10万円前後もしますし、もうちょっと長く使用させてもらっても良いかと思います。

ちなみに、一般的な操作であればiPhone6(A8)で不満点はないんですよね。動作が重くなってしまうiOSアップデートよりも、セキュリティパッチなどの提供を強く求めたい所です。

 

また、メーカーが提案する「薄型化→バッテリー脱着不可」「ベゼルレスフル画面→焼き付きしやすい」「(ワイヤレス充電による)ガラス外装→破損しやすく修理費が高い」の方向から、もう少しユーザーが希望している方向に向いて欲しいものです。
(そう言えば、GalaxyはmicroSD撤廃で痛い目見て戻しましたね)

 

(文/まじこ)

※記事依頼などのお仕事は contactz@moblabs.info まで


by
●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。 中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です