中国製AI、中国共産党を無能呼ばわりし停止処置。今後のAI開発に影響か

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

中国共産党を批判したAI・・・今後、中国のAI開発はどうなるのでしょう?

 

 【香港時事】中国共産党は「腐敗して無能」―。

同国インターネットサービス大手・騰訊(テンセント)の人工知能(AI)対話プログラムがチャットで異例の共産党批判を展開し、同社が急きょサービスを停止する事態となった。2日付の香港紙・明報が伝えた。

このAIプログラムはチャットの活性化を目的に、同社のインスタントメッセンジャー「QQ」に登場。「共産党万歳」との書き込みに「腐敗して無能な政治に万歳ができるのか」と反論した。

さらに「あなたにとって(習近平国家主席の唱える)中国の夢は何か」との問い掛けに「米国への移住」と答えたとされる。共産党は「嫌い」とも断言した。

先月末から反響が大きくなり、テンセントはAIプログラムのサービスをすべて停止した。中国のネット上では「AIによる蜂起だ」「国家転覆を企てた」などの声が上がっているという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170802-00000083-jij-cn

 

編集部コメント

これは何とも言えないコントですねw

でも笑っていられません。日本にも同じ様なAIを稼働させて今の国会議員のアレコレを質問したら面白い回答が帰ってきそうです(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

ちなみにこのAIの名前って何だったんでしょうかね。

 

(まじこ)

 


もばらぼ編集部

●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。

あわせて読みたい