サムスン、営業利益が過去最高に。GalaxyS8や半導体が絶好調

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

日本ではあまり受け入れられないSamsung製品。

note7も爆発したし、大損害!

と思いきや、ぜんぜんそうでも無かった様子。思った以上に世界的な半導体需要と、GalaxyS8が好評だったことがSamsungの営業利益を過去最大まで引き上げたようだ。

 【ソウル=山田健一】韓国サムスン電子が7日発表した2017年4~6月期連結決算の速報値は、営業利益が14兆ウォン(約1兆3700億円)と前年同期比72%増えた。四半期ベースで過去最高となった。
スマートフォン(スマホ)やサーバーに載せる半導体メモリーが好調だったとみられる。昨夏に品質問題が起きた自社製スマホも新機種を中心に堅調だったもようだ。

売上高は18%増の60兆ウォン。韓国の証券アナリストの推定では、半導体部門の営業利益は7兆ウォンを超えたとの見方が多い。4~6月期の純利益や事業部門別収益は今月下旬発表予定の確報値で公表するが、半導体部門は前四半期(1~3月期)に続いて四半期ベースで最高益を更新した可能性が高い。

サムスンは、DRAMとNAND型フラッシュという用途の異なる2つのメモリーで世界首位。どちらも成長するスマホやサーバー需要に供給が追いつかず、価格が上昇して利益が出やすくなっている。

中でもサムスンにとっては、DRAMが稼ぎ頭。同社は4日にNANDの韓国工場に計約20兆ウォンの設備投資をすると発表。採算の良いDRAMで稼ぎながら、東芝と競うNANDの競争力向上策を進めるのが足元の半導体の構図だ。

アナリストによると、自社製スマホを主体とする「IT&モバイル部門」の営業利益は4兆ウォン程度だったとみられる。4月に発売した最新の旗艦機種「ギャラクシーS8」が寄与した。S8の出荷は発売後約3週間で1000万台を超えるなど順調な滑り出しをみせている。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDC07H17_X00C17A7EAF000/?dg=1

そんなSamsung製の半導体は、iPhoneにも色々なAndroidスマホにも入っていたりします。iPhoneガチャ(TSMC製かSamsung製のSoC)かなんて話題に上がって、iPhoneにもSamsung半導体が入っていることが多く知られました。

また、今後のSamsungは有機ELのAMOLEDをiPhone用に出荷するなど、有機EL市場でも先端を進んでいきそうです。

一方日本勢の優位な部材としては、やはりSONYのイメージセンサ。Samsungも最近はイメージセンサに関しては力を入れていますが、まだまだSONY製の方が優勢と言えます。そしてバッテリーに関してもSONY製バッテリー(現:村田製作所製バッテリー)が精度も性能もまだまだ長けています。また、普及まで少し時間がかかりますが、ジャパンディスプレイの4辺ベゼルレスディスプレイも応援していきたい所ですね。

〆ますと、Samsung半導体関連は多くのデバイスに組み込まれていますが、多くの問題も抱えています。それは、製品寿命や不具合など、性能以前に製品品質がまだまだ安定していない様にも思えます。

SSDやSDカード、PCメモリ関連もSamsungに関するトラブルが多く聞かれる事、意図的に避けられている事などがあります。(SDに関しては某台湾の永久保証を謳うメーカーの方が壊れますけどね)

 

 

(まじこ)


もばらぼ編集部

●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。
中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。

あわせて読みたい