【満足度ランキング】米ではAppleとSamsungの2強対決。特定メーカーを長く使う傾向

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

アメリカで行われたスマートフォンに対する顧客満足度データに基づいたランキングが公開された。集計は12ヶ月間で2017年4月〆。
注目すべきは、AppleとSamsungの2強ランキングという事ですかね。

Appleデバイスは「iPhone7 Plusから過去のiPhone5」、Samsungデバイスは「GalaxyS6 Edge+からGalaxyS5」までと幅広い物となっている事から、特定メーカーを長く使っている人が多い傾向にあるのが見えます。

1. iPhone SE – 87 / 100
2. Galaxy S6 Edge+ – 86 / 100
3. iPhone 7 Plus – 86 / 100
4. Galaxy S6 Edge – 85 / 100
5. Galaxy S7 – 84 / 100
6. Galaxy S7 Edge – 84 / 100
7. iPhone 6 Plus – 83 / 100
8. iPhone 6s Plus – 83 / 100
9. iPhone 7 – 83 / 100
10. Galaxy Note 5 – 82 / 100
11. Galaxy Note 4 – 81 / 100
12. Galaxy S5 – 80 / 100
13. iPhone 5 – 80 / 100
14. iPhone 5s – 80 / 100
15. iPhone 6s – 80 / 100
16. Galaxy S6 – 79 / 100
17. iPhone 6 – 79 / 100

https://hypebeast.com/jp/2017/5/iphone-se

中でも4インチ液晶のSEがトップで、旧モデルのiPhone5/5sも充分に健闘しています。まだまだこのサイズの需要があることが分かります。また、SEは5系の完成形という事もあり不具合なども少なく、小さな筐体に高スペックで安価という点が評価に繋がっている。

また、近年のiPhoneの中でもiPhone6が評価が低めなのは公式設計不良による物と思われます。ダイレクトに満足度に直結している感じですね。Touch病やフレーム強度の問題はやはり大きかった。

 

それにしてもSamsungがランクインしまくるランキングは日本では絶対に考えられない物ですね。

一方日本のiPhoneとGalaxyのここ最近の動きは、

「iPhone7が一括で安価で出回る。新規でも安い」
「iPhone6sが在庫処分で一括案件。在庫は少ない?」
「iPhoneSEがサブキャリアによって安価に。抱き合わせでキャッシュバックも」

「GalaxyS6 edgeが新規もMNPもキャッシュバックをくれる」

Galaxyに関してはタダ同然で投げ売られても上位にランクインしないものですから、その在庫はどこへ行くのでしょうか。Xperiaも然り。

 

 

もばらぼ編集部

●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。
中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。

あわせて読みたい