FREETEL、合理的な根拠が出せず処分。景品表示法違反として

ここ最近、暗黒面しか見えなくなったFREETEL。

景品表示法違反で厳しく怒られた様ですが、その内容をかいつまんで説明すると、「FREETELは業界最速と謳った案件に関して合理的な根拠がなかった」という物。

どんな業界でも「◯◯だ!」と謳って商品やサービスを行ったらその根拠がないと、事実ではない事をウリにしたとなります。良くある全米No,1などの謳い文句も一定期間1位を獲得したという根拠(一定期間の動員数なのか、劇場数なのか、興行収入なのか、または内容と全然関係ない部分でか)を元に売り出しているようです。

しかしFREETELは「業界最速」「業界最安」の根拠となる物を提出したそうですが、合理的な根拠ではないと却下されています。最安の期間があってもおかしくはないですが、業界最速とかそれはないですね。

MVNO業者に関しては、最速を求めるよりも安定した回線で契約の縛りがなくプランがわかりやすければ最安で無くても良いと思うんですよね。その動きに乗り出している業者もいますので、今後どの様な差がでてくるのか期待です。

格安スマホ「フリーテル」を開発・販売するプラスワン・マーケティングに対し、消費者庁は4月21日、景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして同社に再発防止を求める措置命令を出しました。
その理由は、同社がフリーテルの通信速度を「業界最速」などと宣伝したからです。
「業界最速」、「業界最安値」などといった宣伝文句は一般的のような気もしますが、いったい何がダメだったのでしょうか。
「景品表示法」とはどういった法律なのかを解説いたします。

続きはこちら(JIJICO


もばらぼ編集部

●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。

あわせて読みたい