ついに100円ショップにUSB Type-Cがやってきた!!その品質は…

Pocket

Type-Cユーザーは待ちに待った100円に「USB Type-C」が登場。もちろん税込み108円。
出始めは家電量販店で2,000円程度したType-Cも近所の100均で気軽に買える時代なんですね。何ていい時代だ。

簡単に商品スペックを説明

100円Lightningケーブルとは異なり、両面で充電可能なUSB Type-Cの端子。 USB2.0対応で3A急速充電対応、充電通信可能の50cmケーブル。

どうやらUSB PDには非対応で、5V3Aが最大値の充電となる。50cmでUSB2.0だし、モバイルバッテリーと使う「臨時ケーブル」くらいがちょうどいいかも?

ケーブルの品質は安物ケーブル同等

パッケージ裏面には「直径約3mmの扱いやすいスリムケーブルを採用」なんて記載がありますが、それがかなり頼りない。ケーブルの品質は、よく見かけるあのやっすいAUXケーブルと同じ様にも感じる。
耐久力などは使い込んでみないとハッキリと書けないが、お察しの通りレベルだろう。


100円なのでケーブルのの品質までは追求できない。

端子の先っぽに少し注意

Type-Cのコネクタの先端ですが、尖った金属部分になっている為、充電時に端末を傷つけないように注意が必要。コスパの良いType-C端子ではよく見かけるこの仕様だが、しっかりしたアタマをお作りな工場製だと、中のプラスチックが0.1ミリくらい出ていたり、金属先端が丸く加工されていたりと端末に傷を付けない様になっている。

この部分は個性もあるが、指の腹で触ってみて金属の尖さを感じるようであれば軽く紙ヤスリなどで削った方が良いかもしれない。

この点ではLightningの方は最近は偽物でも先端は丸みを帯びているし、充電ポートに挿すまで適用手探りでも良い感じもする(もちろん適当だと傷はつくが)

※画像上側はREMAX USB Type-Cケーブル。下側が100円 USB Type-Cケーブル。

総合して買いなのか?

買いです。Type-C端末ユーザーなら1本あっても損はしません。
急速充電や高速データ通信に使うなどの用途でない限り100円で購入できる利点は大きすぎます。断線ですぐに壊れてもお財布に優しい100円です。

ただし、安物ケーブルは粗悪品が多いのも事実です。Type-Cでは規格に準じて製造されていない物は端末を破壊する恐れもありますが、このケーブルがどの位置付けになるかは分かりません。しかし念のためケーブルに負荷が掛からないようにQuickChage(充電器側)ポートに挿さないなどの自己対策は必要かもしれませんね。


もばらぼ編集部

●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。 中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。

あわせて読みたい