Google、次期Pixelに向け韓国LGディスプレイに1兆ウォン投資

GoogleはどうやらOLED(有機EL)を製造している韓国LG ディスプレイに投資するようだ。

Appleは次期iPhone用のディスプレイとしてSamsungからOLEDを調達する噂があるが、GoogleスマホのPixelではOLEDを調達すべく、LGディスプレイに1兆ウォン(約8億円)の投資を決定した様子。2017年はOLEDフレキシブルディスプレイのスマホの登場が予測されたり、iPhoneの上位モデルがOLEDを採用がほぼ確定しているなど、OLEDパネルが不足する可能性がある年です。

今回の投資で、2017年内にも発売が予定されている次期Pixel用のOLEDはLGから優先的に調達できることが確約されますが、新モデルのディスプレイ部分はGalaxyの様なエッジタイプになるのか、Xiaomi Mi Mixようなベゼルレスタイプになるのか、現在はまだ分かっていません。
どんなモデルになるのか、形の斬新感など今後の発表が楽しみですね。

参考:THEVERGE


もばらぼ編集部

●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。

あわせて読みたい