東芝メモリ新会社、台湾鴻海と韓国SKハイニックスが共同出資か

Pocket

台湾の鴻海が、韓国のSKハイニックスと共同出資して東芝メモリを助ける?

それは鴻海にとってメリットが全く見えないし、技術の流出なども懸念事項もある。それにSKハイニックスといえば、東芝データ流出事件の当事者であるため、信用性が極めて低い。
但し、東芝メモリ側は1兆円という多額を出資金を求めているため、鴻海が欲しい分野であるストレージの技術だけに全額を出せない物という考え方もある。

それによりによってSKハイニックスとは…ね。

東芝の半導体メモリー新会社への出資を巡り、
台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業が韓国メモリー大手SKハイニックスに共同出資を打診していることが8日わかった。
ハイニックスはファンドとの連携も検討しているもよう。東芝側は1兆円規模の出資を求めており、
資金を複数社で捻出しようと応札企業の連携が始まった。

続きはこちら(日経新聞


もばらぼ編集部

●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。 中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。

あわせて読みたい