Xiaomi、自社開発SoC「Surge S1」を発表。Snapdragon625に対抗

中国Xiaomiが新スマホ「Mi5C」と同時に自社製SoCの「Surge S1」を発表した。

Surge S1はCortex-A53チップを8個(2.2GHz x4、1.4GHz x4)+Mali T860を搭載したミッドレンジ向けSoC。対抗する製品はSnapdragon625、Helio P20といったコスパの高い製品に搭載されるSoCを完全にターゲットとしている。

Samsung、Huaweiの様に自社製SoCを開発・搭載する事で端末供給力を高める方向性と思われる。フラッグシップは引き続きQualcomm製を併用すると思われ、SurgeのOEM供給は現在不明。

ベンチマークに関しては今年前期で一番人気のSnapdragon625を超える性能(Xiaomi調べ)として公開している。

また、Mi5Cが1499人民元(日本円で2万5千円)と、Snapdragon625やHelio P20搭載機にマッチする価格帯にブツケてきているのも面白い。

出典:GSMARENA


もばらぼ編集部

●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。

あわせて読みたい