【ケータイ名機図鑑】CASIO G’zOne Bridage

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

【名機を振り返る −2010−】

携帯電話の多機能型の最終進化の方向の一つとして2010年に登場したのが、Verizon向けCasio端末 G’zOne Bridage。
スマートフォンの登場により、携帯電話も多機能化を極め色々な方向性に端末が向いた時期に北米のみの投入されたMIL-SPECタフネス携帯電話。

特徴はなんといってもタフネスなのに折りたたみ式フルキーボードを搭載していること。内部は2.9インチ、外部は1.2インチの液晶を搭載している。

折り畳んだストレート端末モードではG’zのリング形状を維持しつつ、見やすいモノクロ有機ELを搭載。開いた状態では、フルキーボード+リング型方向キーを備える。

欠点は、OSやハードが未熟だった事による操作性の悪さ、その厚み、折り畳み時のカメラプレビューはモノクロ、という所だろう。
実際にメイン機として利用するのは難しい様だった。

G’zOne Bridageは唯一の「ストレート端末+折り畳みフルキーモバイル+MIL-SPEC」端末という異端なスペックの為、一部のスマホマニアやG’zOneユーザーから絶賛されたが、日本発売は残念ながら叶わなかった。

ちなみに、現在もeBayなどで現在も取引されているが、通信方式がCDMA EVDOのみなので日本での3G回線利用は不可能である。(記憶が正しければ当時のVerizonも電話番号はROM焼き型)

※スペックなどはの詳細はGSMAreaをどうぞ。

参考:GSMArea


もばらぼ編集部

●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。

あわせて読みたい