「iPhoneには採用されない」JDIがフレキシブルディスプレイをTFT液晶で実現!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

フレキシブルディスプレイは有機ELだけじゃない。
従来のガラスをプラスチックに変更し、薄型化やフレキシブル形状に対応し、落としても割れにくいフルHD液晶をJDI(ジャパンディスプレイ)が発表した。

所持者が多く耐久力が低いiPhone等に採用して欲しいものだが、当時ジョブズがプラスチック画面糞!ガラスに変更!と直前で仕様変更させた事例で今現在があるiPhoneという事もあり、プラスチック画面に変更すると色々な方面から性能に関係なくボロクソに言われそうな現実。

だが、結果的にユーザーが一番満足するのはJDI製のこの液晶ではないかと見ている。

iPhoneはシャープ、Samsung、LGの有機LE(OLED)を採用する方向で話が進んでいる為、この液晶の採用は期待できない。また、ロットによってガラスとプラスチックを分けるという品質管理も考えれないので、採用の可能性は希薄だ。

 ジャパンディスプレイ(JDI)は、プラスチック基板を採用し、落としても割れにくい5.5型のフルHD液晶ディスプレ
イ「FULL ACTIVE FLEX」を開発した。2018年の量産開始を目指す。

FULL ACTIVE FLEXは、TFTを形成する基板を従来のガラスに変えてプラスチックとすることで、
超薄型化を実現するとともに、落下時の耐衝撃性を向上。さらに、プラスチックの採用により、液晶ながら曲面形状を実現可能となり、
顧客のニーズに応じてデザインの自由度を大幅に拡大できるという。

続きはこちら(ソース元


もばらぼ編集部

●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。

あわせて読みたい