Appleの次期iPhone「iPhone 12」には中国メーカー「BOE」のOLED(有機ELディスプレイ)が採用されることが判明しています。

ですが、最新の情報によるとiPhone12の初期ロットにはBOE製のOLEDは採用されないとのこと。海外メディアのDigitimesによると、BOEはAppleの推奨する品質に達することができず、承認を見送られたようです。BOEが品質テストに合格しなかったのは今回が初めてではなく、計画的に初期ロットから外したのではないでしょうか。

また、BOEのOLEDはエントリーモデルのiPhone 12に採用される予定で、iPhone12(5.4インチ)、iPhone 12(6.1 非Pro版)を対象としています。代わりとなる初期ロットのディスプレイは、LGディスプレイのOLEDになる可能性が高いと指摘しています。

なお、ハイエンドモデル向けの6.1、6.7インチOLEDはSamsungディスプレイが製造を担当しています。

韓国製ディスプレイのiPhoneを操作しながら「韓国製品は()」て人は結構多いですよね。
ところでJOLEDは何をしているのでしょうか?

 

 

Source: Pocketnow

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう