【改悪】auの中古・解約端末のSIMロック解除に制限。12月以降は解除できなくなる物も

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

2017年12月1日から制限入ります。

 

大手3キャリアでも唯一、中古端末のSIMロック解除を受け付けていたauも12月1日からサービスが改悪される。

docomoやSoftBankではそもそも本人契約以外の端末を解除する事は無く、au端末の中古が一部重宝されていたのもこの「中古端末でもSIMロック解除」があった為。12月1日から3キャリアで足並みが揃うわけですが、これも総務省のガイドラインによるものなのでしょうか。そうならば、「中古端末市場を〜」と言っていたのに無能すぎでは…とも。

 

今回の制限されるのは以下の通り。

「SIMロック解除を申し込めるのは契約者本人が、auに購入履歴がある端末で申し込みする場合のみ」

「解約から101日目以降のSIMロック解除手続きは受け付けない」

https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1092067.html

 

この2点が追加されることで、本人契約以外&解約から101日以降の端末はSIMロック解除が完全にできなくなります。そもそも海外サイトにIMEI送って数千円で解除してもらえるものの、auだけでなくdocomoもSoftBankも(勝手にロックをかけているのに一定の条件下でロックを解除しないし切り捨てる)対応は非常に残念。

昔はL2ロックをかけていたau端末ですが、今回の対応で中古端末価値も多少の低下が発生すると思われます。

それにしても、au端末限定で欲しい!という端末は…

 

(まじこ)

 

もばらぼ編集部

●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。
中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。

あわせて読みたい