なんて呼ぶ?WiFiより100倍速のLED光波通信LiFiが次世代iPhoneに搭載?

Wi-Fiの100倍の通信速度ですって!もう爆速を通り越して何て言ったらいいのかわからんですね。

その通信方式はLi-Fi(ライファイ)。LEDから発せられる光波によってデータ通信を行うもの。限定的なシチュエーションの通信手段ではあるものの、Wi-Fiとは異なって電波干渉などが起きにくくセキュリティ面も高い様だ。専用のLED電球から発せられる光の一定の範囲で通信できる様だが、近づけると速度が変わるようなアナログチックな技術ではなさそうなのです。また、受信側も対応のデバイスのが必要との事。

また、このLi-FiはAppleもiOSデバイスで研究しているとの記載も有りますので、もしかしたら将来のiPhoneに採用されるかもしれません。

そして「Li-Fi」、何と呼ばれる将来が待っているんでしょうかね。リーフィ?

今年から「第5世代移動通信システム(5G)」の実証実験が始まるそうだ。今ある4Gの次世代規格で、LTEの1000倍という超大容量化が期待されているというから、高速通信はまさに破竹の勢いで進化を続けている。だが、この5G技術には屋内での電波干渉や壁等の障害物による電波減衰といった課題が残されている。そこで今、新技術として注目を集めつつあるのが、“Li-Fi”(ライファイ)だ。

続きはこちら(トカナ


もばらぼ編集部

●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。

あわせて読みたい