総務省、スマホにマイナンバーを取り入れる技術を開発。2019年にスマホが身分証に

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

総務省が新たな試みを行うようだ。スマホがマイナンバーカードの代わりになるという技術を開発したとの事。大きな問題として指摘されるのはセキュリティの話。
仕組みの詳細は書いていないが、マイナンバーを中心に身分証明の情報をスマホに取り込むようだ。

便利になる分、落とした時や壊してしまった時などの対応として、どこがどう対応するのかなど、多くの課題が残っている。
スマホの様な買い替えサイクルがある端末+身分証の扱いにこれから注目したい。

また、免許証や保健証などの国から発行する番号やデータをマイナンバーと統合した現物のカードに切り替えするのが先ではないか。と。

総務省は、スマートフォンにマイナンバーカードの
本人確認機能を取り入れる技術を開発した。

2019年にも、スマホでマイナンバーカードの代用ができる取り組みを始める。

 カードを持ち歩かなくても、イベントに入場する際の本人確認や、インターネットバンキングの本人認証などをスマホだけでできることを想定している。また、カード情報を取り込んだスマホを健康保険証の代わりとしても使えるようにする予定だ。

続きはこちら(読売オンライン

 


もばらぼ編集部

●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。

あわせて読みたい