ケータイショップ覆面調査団?クズ&クズのせいで真面目なショップが痛い目に

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

総務省が携帯電話ショップに覆面調査団を派遣しているとの情報が流れている。
どうやら先のPCデポ問題の果てに発生した「契約に関する問題点」にて総務省が出した一つの答えが調査団らしいのだ。

調査団はショップにて一連の流れを済ませた後、身分を明かして契約をキャンセルするという物。
ショップとしては人件費も契約目標もあるので調査団などの対応している暇はない。迷惑だとTwitterを騒がせている。

携帯電話ショップは以前からクズvsクズの戦いの場でもあった。

迷惑な店員と迷惑な客。
両者とも相まみえる事は稀だが、まともな人に迷惑をかけている事は間違いない。

当方は両方の体験(店側としての対応、客としてのクレーム)があるが、一番のクレームの思い出は客側として出したクレームで、ショップ店員が契約時に小一時間で10万パケットを利用した話。

その際は契約外のアプリを勝手にインストールした、との件で大モメしたのち、勝手に追記された同意書を盾に門前払いの形になりましたとさ。

 

参照:https://togetter.com/li/1072519


もばらぼ編集部

●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。

あわせて読みたい