元フリーテル、景品消費法・優良誤認・有利誤認のトリプルコンボで罰金9000万円

Pocket

ダークサイドに落ちた会社、裏で処分されていた。

消費者庁は2018年3月23日、「FREETEL」のブランド名で格安SIMのサービスを展開していたプラスワン・マーケティングに対し、同社サイトで景品表示法違反の優良誤認や有利誤認の表示を掲げていたとして、8824万円の課徴金納付命令を下した。
続きを読む:日経BP

3年縛りなどを始めたり、業界最速とか謳い始めた時点で簡易的なSoftBankかSoftBankグループかな?とか思っ事もありましたが、

単独犯でキャリア組の真似事を行って行政処分された様子。

8824万円の罰金の対象は2016〜2017年の約1年の期間とされていますが、振り返っても色々と出てくるFREETEL。大きく戦略を間違えていた事は否めません。

現在引き継がれたFREETEL側にも大きな影響を与えそうですね。

 


モバラボ編集部

投稿者の過去記事

モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。
中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者であり元世間を騒がせ会社の人であり規制前にマ●●ン売ってたヤツであり香港深セン輸入マンでもあります。
にわかなスマホ情報発信者を斬ります。

ピックアップ記事

  1. ギガヤバ(UQのキャッチコピー)広告に「大げさな表現」を行っていたUQと利用者との裁…
  2. 最近はイヤホンもヘッドホンもbluetooth接続型の安価な物が沢山出回っています。しかし、…
  3. 期待できるのか否か、今までの流れを見ると4年縛りを生み出した(それも規制される方向だが)総務…
  4. 4年縛りなどの囲い込み契約に関して公正取引委員会が動くようです。4年縛りや実質リース…
  5. Bluetooth対応のモバイルスピーカーは様々なラインナップがあり、どれを購入して良いのか…
  6. またしても不具合?GalaxyS8に続き、GalaxyS9でも端末トラブルが発生して…
PAGE TOP