【レビュー】Tribit XSound Go、24h再生や音・質感・形状に拘ったモバイルスピーカー

Pocket

Bluetooth対応のモバイルスピーカーは様々なラインナップがあり、どれを購入して良いのか正直迷ってしまいますね。
それも、ここ数年でモバイルスピーカーの性能が飛躍的に向上し、2,000〜5,000円程でもコストパフォーマンスに優れた商品が沢山登場しているからとも言えます。

その中でも注目したいのが、アメリカのAmazonでベストセラーになったTribit社の「XSound Go」です。
IPX6の防水性能、省電力のBluetooth4.2、24時間連続再生の大容量バッテリー搭載、ホームからアウトドア利用などの様々な環境下で音楽を聴く事ができるモバイルスピーカーである「XSound Go」を紹介させて頂きます。
Tribitさん(Twitter:@Tribit_jp )からご提供頂きました。

【パッケージと本体】

ホワイト&ブルーのパッケージです。
内容物は「本体+ストラップ」「USB充電ケーブル」「マニュアル」とシンプル。

ファーストインプレッションは海外メーカーのデザイン水筒のパッケージにも見えましたが、中を開けて本体を手に取ってみるとその品質に驚きます
マットブラックのザラザラ加工は滑りにくく、手にしっくり馴染む曲面ボディが高級感を演出します。
質感も最高で375gのズッシリくる重みは所有満足度を向上させます。

■ボタン・端子
各種ボタンは一体型で個々に独立した物ではありません。防水性能がある為ですね。
少々押しにくいですが、押し込むとしっかりクリック感があるので慣れれば問題ありません。

ボタン配置は「電源」(LED)「Bluetooth」(マイク穴)「再生/停止」「音量ダウン」「音量アップ」。

裏にあるAUX端子と充電用microUSBは分厚いパッキンの蓋を開けると出てきます。
パッキン蓋に対してのデザインもなかなか良いですね。

■Bluetooth
搭載しているBluetooth4.2は以前のバージョンよりも更に省電力化し、6LoWPAN(IPv6 over Low power Wireless Personal Area Networks)に対応しています。iPhone7Plusに搭載しているバージョンもBluetooth4.2ですね。
接続も快適で、様々なデバイスとのペアリングも問題なくスムーズに完了しました。

また、サポートプロファイルは「A2DP」「AVRCP」「HFP」「HSP」との事。

■防水性能
XSound Go」はIPX6相当の防水性能を持っています。
記号の見方のおさらいですが、IPX6と表示されている場合は一桁目の数字が「X」なので防塵性能はなく、6級相当の耐水性能(あらゆる方向からの強い噴流水による有害な影響がない(耐水形))を表しています。

IPX5では強い流水などは対応しておりませんが「XSound Go」のIPX6は生活防水からシャワーなどの強い水しぶきにも対応できます。しかし、完全防水ではないので、お風呂に入れたり水にどっぷり漬けたりはNGです。

■充電と再生時間
搭載バッテリーは4400mAhと大容量で、5V-1Aの給電で約5時間でフル充電となります。
大容量バッテリーや省電力効果も手伝って連続再生時間は驚きの24時間。1回の充電でそれなりの期間を利用できるのはありがたいですね。

バッテリー切れからの充電も短時間でそれなりの再生時間を確保できるのも特徴と言えます。

【再生レビュー】

6Wのスピーカーを2機搭載しており、相当ボリュームを上げても音割れすることはありません。

中高域はボーカル・トークは聞き取りやすく比較的クリアです。Ambientの音源のぼんやりする中高域表現もリアルに再現してくれます。
低音も本体が震えるほどしっかり出ており、ドラムのドン系やベースのブン系の低音の表現力が広かったです。ボーカル入りDram’n’Bass(中高域+ドラム&ベース)の試聴は、結構楽しめました。

また、モバイルスピーカーは鉄板や木製のデスクなど、設置する場所で表現力もまた変わります。
XSound Go」はそのような環境により更に音の表現が増長されます。

【使用感のまとめ】

今まで別のスピーカーで体験した様なトラブルもなくスムーズに使用できたのは好印象でした。
他社製品では、Bluetooth接続されない問題やBluetoothからAUXへの切り替え時の接続トラブル、音量トラブルがあるなど、奏でる音が良くても細かい部分の配慮がない製品も少なくありません。
必要最低限の機能をまとめ、音を聴く事に関して最適化されているのが「XSound Go」の総合評価と言えます。

また「XSound Go」ではスマホと連動してAIスピーカーの様に扱うこともできます。
OK GoogleやHey Siriのコマンドで操作できますので、音楽定額サービスに加入している方は是非利用してもらいたいですね。

最後になりますが、「XSound Go」のフォルムはイチイチ握りたくなるくらいフィット感&質感がたまりません。
これだけ所有満足度が高く感じるのは、流石アメリカのAmazonでベストセラーを獲得した商品ですね。

そんな「XSound Go」は3990円にてAmazonで購入が可能です。
また、Tribit社は日本市場での販売に関して現在力を入れており、Twitterなどで様々なキャンペーンを行っている様です。気になる方はTwitterアカウント(@Tribit_jp )を是非フォローしてみてください。

 

(文/編集部)
※本記事はスタッフによるAmazonレビューをベースにリライトし画像を追加した記事になります。
※記事依頼などのお仕事は contactz@moblabs.info まで

 


モバラボ編集部

投稿者の過去記事

モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。
中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者であり元世間を騒がせ会社の人であり規制前にマ●●ン売ってたヤツであり香港深セン輸入マンでもあります。
にわかなスマホ情報発信者を斬ります。

ピックアップ記事

  1. ギガヤバ(UQのキャッチコピー)広告に「大げさな表現」を行っていたUQと利用者との裁…
  2. 最近はイヤホンもヘッドホンもbluetooth接続型の安価な物が沢山出回っています。しかし、…
  3. 期待できるのか否か、今までの流れを見ると4年縛りを生み出した(それも規制される方向だが)総務…
  4. 4年縛りなどの囲い込み契約に関して公正取引委員会が動くようです。4年縛りや実質リース…
  5. Bluetooth対応のモバイルスピーカーは様々なラインナップがあり、どれを購入して良いのか…
  6. またしても不具合?GalaxyS8に続き、GalaxyS9でも端末トラブルが発生して…
PAGE TOP