【レビュー】TIN AUDIO T2、MMCX&金属製で高級感漂う中上級者向けイヤホン

Pocket

金属製のハウジングでMMCX対応のイヤホンはやっぱり高級感があり、なかなか手が出せない物が多かったりします。
しかし、この「TIN AUDIO T2」であれば期待する音を奏でつつ、6000円台で購入できるスグレモノ。
イヤホンを多数所持しているとやっぱり1個は金属製のMMCXイヤホンは持っておきたい、そんな欲望のハードルを下げてくれるのが「TIN AUDIO T2」であると思います。
Kinboofiさん(Twitter:@kinboofi )よりご提供いただきました。

【パッケージと付属品】

6000円台とは思えないパッケージデザインと質感。かなり手間がかけられています。

そんなパッケージを開封すると特徴的な水色の低反発ウレタン製イヤーピースを付けた「TIN AUDIO T2」がお目見えします(ウレタンがちょっとくっついていたのはご愛嬌)。
内容物は「本体+低反発ウレタンイヤーピース」「MMCXケーブル」「口径の小さいイヤーピースS/M/L」「口径の大きいイヤーピースS/M/L」「マニュアル」と他の製品よりもイヤーピースが少し多めに入っています。
イヤーピースの種類が多いのはそれなりの理由がありますので、それは後ほど。

【ハウジングとケーブル】

ハウジングはマットブラックの艶消しの金属製。
思った以上の高級感がありますが、写真では少し分かりづらい系です。
LR端子はパット見でも赤青で区別が付きますし、この形状なので逆に装着する方が難しそうです。

同梱のMMCXケーブルは細めの編み込み式で強度的に頼りなく見えますが、タッチノイズなど余計な干渉を避けられるタイプ。
しかしケーブルの癖が強く、絡みやすいのがマイナス点と言えましょう。気になる方は別途MMCXケーブルを用意するのもアリですね。

また、ハウジング形状もあってケーブルを抜く際に少しコツがいります。
MMCX端子はデリケートなので抜き差しは慎重に行いましょう。

【TIN AUDIO T2の評価】

先に記載した、イヤーピースが多めに入っている件についてですが「TIN AUDIO T2」は比較的大口径なので自身に合わないイヤーピース利用していると音がスカスカになるという症状が出てしまいます。
私自身、低反発ウレタンイヤーピースを外して、適当なイヤーピースで試聴したファーストインプレッションは「あれ?スカスカ?本気で?」という物でした。

装着感を重視し、しっかりと耳に固定できる物を選び、聴き直すことでの印象は大きく変わったのは言うまでもありません。
低反発ウレタン利用でも、ぶっ潰して耳孔に入れ込まない人もいる様です。ちゃんとぶっ潰して耳孔に入れましょう。

【解像度】 全体的に解像度は高く心地良いです。音の重なり合う多重リズム&ボーカル系の曲でリズムからのボーカルINの「その時の聴こえ方」が驚きました。
【中高域】 この製品のウリでもある中高域のクリア感は素晴らしいです。シャリらずキンキンになるわけでもなく、クリアに音が広がります。
また「ブワッッ…」と広がる系の音や「サクサク・シャリシャリ」する音源の場合は、相当心地良く聴けます。ホールやライブ系に適しているかもしれません。
【低 音】 2DDですがドンドン系ではありません。良く言えば中高域と低音が分けて聞きやすいです。
指摘するべき事があるとしたら低音を突き詰めていくと先端が少々丸みを帯びた様な印象でしたが、無意識に低音を受け入れる方は人は気にならないですね。
【装着感】 イヤーピースに大きく依存。ただし自身に合った物を装着しても装着感はスタンダードクラス。
低反発ウレタンなど圧迫するイヤーピースの場合は長時間は少し疲れるかもしれませんが、金属筐体による重みは感じませんでした。
【遮音性】 低反発ウレタンイヤーピースの場合は耳孔にしっかりフィットしますので、遮音性は高いです。別途口径の大きめなイヤーピースの場合は遮音性は落ちます。
【総 合】 解像度の高さや音の広がりは音源によっては感動モノです。
しかし、自身に合う状態まで持っていくのに少し時間が掛かりそうなのがポイントです。
手に入れてすぐ良い音を手に入れる、というよりもエージングやリケーブル、イヤーピースなどのカスタマイズで自分と合わせていくイヤホンです。

※販売価格を基準として各項目を評価しています。価格が高い=高評価という物ではありません。

TIN AUDIO T2」は、化粧箱の作り込みからして値段を知らなかったら手を出せない様な値段かもしれないと警戒してしまうイヤホンですね。
水色の低反発ウレタンイヤーピースや細い編込みケーブルは見た目の高級感を少し損ねるかもしれませんが、ハウジングの高級感や存在感、全体的なバランスの良さはポテンシャルが大きいです。

ただし、低音に拘った音を聞きたい方、中華イヤホンは始めてという初心者にはオススメできません。
脱初心者思考で色々なイヤーピースで聴き比べたりリケーブルを楽しめる人には最適なので、ぜひぜひ試してみてください。

TIN AUDIO T2」はAmazonにて6700円にて購入可能です。

 

(文/編集部)
※本記事はスタッフによるAmazonレビューをベースにリライトし画像を追加した記事になります。
※記事依頼などのお仕事は contactz@moblabs.info まで


モバラボ編集部

投稿者の過去記事

モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。
中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者であり元世間を騒がせ会社の人であり規制前にマ●●ン売ってたヤツであり香港深セン輸入マンでもあります。
にわかなスマホ情報発信者を斬ります。

ピックアップ記事

  1. ギガヤバ(UQのキャッチコピー)広告に「大げさな表現」を行っていたUQと利用者との裁…
  2. 最近はイヤホンもヘッドホンもbluetooth接続型の安価な物が沢山出回っています。しかし、…
  3. 期待できるのか否か、今までの流れを見ると4年縛りを生み出した(それも規制される方向だが)総務…
  4. 4年縛りなどの囲い込み契約に関して公正取引委員会が動くようです。4年縛りや実質リース…
  5. Bluetooth対応のモバイルスピーカーは様々なラインナップがあり、どれを購入して良いのか…
  6. またしても不具合?GalaxyS8に続き、GalaxyS9でも端末トラブルが発生して…
PAGE TOP