ベゼルレス液晶採用のiPhoneは今秋か

Pocket

ジャパンディスプレイのフルアクティブは有機EL製造までの繋ぎ?…という印象があったのですが、これはいかに。

現在のベゼルレス中華スマホでXiaomi MiMIX2を筆頭にフルアクティブや他のベゼルレス液晶を採用しているスマホが多く、Samsung製の有機EL採用はOnePlusなどのフラッグシップモデルに限っています。
これは、コスト面や製造本数を考えてもまだ融通の効くフルアクティブ系に中華勢が飛びついた、という事としても考えられます。製造コストはSamsung製有機ELよりも3〜4割りも安いそうな。

しかし、その3〜4割安くディスプレイを調達出来たからと行っても、Appleがフラッグシップモデルでそれに見合った価格の再調整をする可能性は低いと思われます。
となると、以前から噂されているSEの次世代モデルに採用されるという見解のほうが有力ですね。

 ジャパンディスプレイ(JDI)が開発した新型液晶「フルアクティブ」が、今秋に米アップルが発売する見通しの次期「iPhone(アイフォーン)」の画面に採用される方向になったことが20日、明らかになった。スマートフォン画面の採用では有機EL(エレクトロルミネッセンス)製が攻勢を強めるが、大画面化に柔軟に対応できる点や割安な価格が決め手となり、一矢報いた形だ。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018012000515&g=eco

焼付きの心配が少なければフルアクティブ採用モデルは超魅力的ですね〜。

 


モバラボ編集部

モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。
中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者であり元世間を騒がせ会社の人であり規制前にマ●●ン売ってたヤツであり香港深セン輸入マンでもあります。
にわかなスマホ情報発信者を斬ります。

最近の記事

人気記事

PAGE TOP