次期iPhone、液晶モデルも存在する。JDI製フルアクティブか

Pocket

有機ELの調達が間に合わない?

 

産経ネットによると、2018年モデルのiPhoneに「液晶」採用モデルあると報じられています。

iPhone Xでは有機ELにシフトしましたが、有機ELに変更した事で発生する問題(コスト、焼付きなど)などが指摘されました。それに市場ではまだ有機ELを大量生産ができるメーカーが少なく、SamsungやLGなどの韓国勢に頼るしか選択肢がないのもiPhoneの全モデルを有機EL化できない原因とも言われています。

一方、2018年早々にリリースされるiPhoneSE(2018)には、4辺ベゼルレスのJDI製液晶「FULL ACTIVE」が搭載されるとの予測もされています。これが「液晶モデル」としての位置付けになるのか、それとも従来のナンバーの流れとしてiPhone9が液晶モデルになる事も考えられます。

また、JDIの「FULL ACTIVE」ですが、中国のXiaomiがMi MIX2などに採用した事でも有名であり、ベゼルレスモデルが必ずしも有機ELでなければならない、と言う事を否定する物にもなりました。

となると、焼付きなどを気にせずに使用できる液晶の方がスマホに関しては重宝される可能性もあります。それに、フレキシブル型の液晶画面もJDIが開発中とのことで、量産されてば有機ELに拘る必要はなくなる…かもしれません。

 

米アップルは2018年後半にも発売する3機種のスマートフォン(スマホ)のうち、1機種で画面に液晶を採用するもようだ。全機種の画面を有機ELに切り替えるとの見方もあったが、サプライヤーの量産体制が不十分で、全面的なシフトは供給面でリスクになると判断したようだ。液晶を得意とする日本勢も受注を確保できそうだ。

続きはこちら
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24384490X01C17A2TI1000/

 

編集部コメント

有機EL黒の発色(というか非点灯)がキレイですが、やはり焼付きがトラウマで怖いですね。

 

(文/まじこ)

モバラボ編集部

モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。
中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者であり元世間を騒がせ会社の人であり規制前にマ●●ン売ってたヤツであり香港深セン輸入マンでもあります。
にわかなスマホ情報発信者を斬ります。

最近の記事

人気記事

PAGE TOP