iPhoneXの超高価な修理費。背面ガラスの自己修理は「ロゴ無」中華製の選択肢も?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

iPhone Xの修理費用が話題になっている。

 

有機ELと背面ガラスを採用したiPhone XはiPhone 8Plusのその他の損傷修理費43,800円を(Apple Care非加入時)も凌駕してしまう修理費用が公開されています。

まずは、修理費用を見てみましょう。

【ディスプレイ修理】
Apple Care+加入:3,400円 2回まで(加入費22,800円
Apple Care+非加入:31,800円

【その他背面修理】
Apple Care+加入:11,800円 2回まで(加入費22,800円
Apple Care+非加入:60,800円

 

まず、AppleCare+ がiPhone Plusシリーズの16,800円よりも割高の22,800円に値上がったこと。元々値段の高いiPhone Xを更に高額にする要素となっています。

しかし、この保証サービスに入らないと、最大60,800円の修理費用がかかります。この額面ではそこそこ良いAndroidスマホ、またはiPhoneSEに買い換えてもお釣りがきます。

背面ガラスの割れの修理に最大で6万も出せないですよね。そんなあなたの修理の選択肢に中華製の交換用リアガラスがあります。

以下の画像の「iPhone8/8Plus用の交換用リアガラス」はすでに発売しており、この流れを見るとiPhone Xのも発売される事は間違いありません。

参考:Aliexpress

ちなみにiPhone8のリアガラスで価格は1,000〜3,000円程度。

価格=品質とも思えますし、非正規なのでロゴはありません。両面テープで止める方式で安価に修理できますが、ワイヤレス充電などの対する影響が不明なので人柱が必要でしょう。

しっかし、ロゴのない背面にしたいですかね・・・?(非正規でロゴありは違法)

 

そもそも表も裏も、割らなければ余分な費用はかかりません。Appleのデザイン意向をガッツリ無視したアーマー系ケースで端末を守るのが最良の手段かもしれませんね。

また、iPhone X用の野良フロントパネルの情報はまだ出ていません。当サイトでは以前からバカ高くなると報じていますが、新しい情報が入り次第公開していきます。

 

アップルの公式サイトに掲載された情報によると、iPhone Xの画面が破損した場合の修理代は275ドル(約3万1200円)。これと比較して、「iPhone 8 Plus」(799ドル)の画面修理代は169ドルとなっている。

しかし199ドルを払って延長保証サービスの「AppleCare+」に加入しておけば、iPhone Xの画面修理代は29ドルに抑えられ、過失により画面以外も破損してしまった場合の修理代も99ドルで済む。

ただしAppleCare+でカバーできるのは2回まで。過失や事故で3回目の修理が必要になった場合、修理代は最高で549ドルに達する。

https://www.cnn.co.jp/tech/35109569.html?tag=cbox;tech

 

(まじこ)

 


もばらぼ編集部

●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。
中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。

あわせて読みたい