【既視感】中国製レトロゲーム600in1家庭用ゲーム機。FC〜NeoGeoが動作するマジコン

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

世間ではミニファミコンやらミニスーファミやらがコレクションとして流行っていますが、この手の商品は長らく中国で販売されているのを見ます。

過去を考えると1個のファミカセに100個ゲームを入れて販売したり、カセットからデータを吸い出す機械やコピーする機械もあったりと、やりたい放題の「マジコン」の歴史がありました。

 

ここ最近では、本格的なアーケード筐体(もちろん数百個のゲームを搭載済み)なども盛んな中国ですが、DSカード型マジコンを経て、今まさに人気のミニファミコン的なゲーム機タイプも販売されています。

それは「HD TV Video Game Console」など名付けられた正式名称不明なゲーム機。XBOX Oneにも見えつつDuo−Rぽかったりもしますが、600ものゲームが内蔵されたエミュベースのゲーム筐体です。

対応しているのは、CP1、CP2、FC、SFC、SMD、GBA、NeoGeo。

BIOSやゲームROMは標準で入っている様で、microSDから読み込ませることも可能な様子。まさにマジコン本体に大量のゲームROMを入れて販売しているような物で「完全違法」なゲーム機。600ものゲームが(たぶん無許可で)入っています。

HDMI接続&USBコントローラーは、ミニファミコン&スーファミで同じですが、アーケード系が遊べるのはちょっと興味深いですね。

これ、ROMやBIOSが入っている状態では完全に違法(ゲームパッドもSONYに怒られる系)なので、箱だけの状態で販売してないですかね。でも、箱だけの状態で販売したDS用マジコンがあんな末路を辿ったわけですし、あまり触れちゃいけないゾーンですね。ミニスーパーファミコンのROM書き換えも行末は必ず任天堂を怒らせるので、関係者様はほどほどに。

 

ちなみに、売れそう!とか思ってメルカリなどで転売なんかしたらNGなので注意してくださいね。

 

(まじこ)

 


もばらぼ編集部

●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。
中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。

あわせて読みたい