スマホ下取り価格が低下。キャリアよりも買取屋がオトク?そうでない場合も

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

大手キャリアの「下取りサービス」の改悪がとまらない。

キャリアに下取り依頼するよりも、そこら辺にある中古スマホ屋に売った方がお金になるという。理由としては、大手キャリアで下取り後に結局は殆どが大手中古スマホ屋に流れるからという話。その中間を抜いて考えれば直接売りに行った方が結果的にお金になるという話。

ただし、下取り額が少なくても、街の携帯屋さんでたまに行われるスマホの投げ売りこと「一括案件」は下取りが条件になっている場合もありますので、必ずしもキャリアに渡す事=損というわけでもありません。

また、買取屋に査定されるのが嫌という方は、少し手間はかかりますがムスビーやメルカリなどのフリマサイトを利用する方がお金にはなります。

参考:ムスビー

 

しかし中古スマホは衛生面や前オーナーが見えないので精神的に嫌悪する方もいます。もしかしたら中古スマホの買い取り市場はiPhone以外は完全にシャットアウトされるかもしれません。

これまでのiPhoneは新品部品が比較的簡単に手に入ります。壊れたiPhoneを安価で入手して、修理して美品として販売する業者もいますからね。

逆に考えると、中古で購入したiPhoneが実は故障機の継ぎ接ぎ修理品だったり・・・するかもしれません。その場合は正規パーツが使用されていないこともあり、結果的に早く壊れて損をすることも。

やはり常用使いで酷使する電子機器は新品または新古品までに限りますね。

 

 不要になったスマートフォン(スマホ)を手放す際、携帯会社の下取りに出すよりも中古スマホ取扱店に売った方がお得になるケースが増えている。総務省の指針を受けて携帯会社の下取り価格が下がっているのが理由。中古店を通したスマホの流通が増える可能性もありそうだ。

都内や大阪市内の主要中古店で米アップルの「iPhone6s」(NTTドコモ版)の買い取り価格は記憶容量128ギガ(ギガは10億)バイト品で2万7…

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22545940R21C17A0MM0000/

 

編集部のこばなし

一昔前では修理iPhone4sインドに大量に出荷されるという事がありました。完全に組織的な大量流し案件ですねw

一方、Android系スマホは現地では新品エントリーモデルも安いですので、わざわざ日本から高値のフラッグシップモデルを持って行きません。それに日本独自に進化していた頃のAndroidは、修理部品が調達しにくく高い事などから全然中古市場は盛り上がりませんでした。

一番盛り上がったAndroid中古白ロム市場はMNP一括0円で投げ売りされて海外へガンガン出荷された「Galaxy S3」と「isai FL」ですかね(´・ω・`)

 

(まじこ)

 


もばらぼ編集部

●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。
中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。

あわせて読みたい