NTTドコモ、長期契約ユーザーの優遇制度を求められてない方向へ。喜ぶ人いるの?

Pocket

NTTドコモは長期契約者に対し、優遇処置を2018年5月から新たに導入することを発表した。

しかしSoftBankやauの様な契約者なら誰でも還元というものではなく、同社の扱っているdポイントで還元するというのだ。しかし、長期の天辺が15年。その15年でも付与されるポイントは5%というあまり長期優遇の実感がない改善?になるようだ。

 

携帯電話各社が顧客を増やすことを優先し、長期の契約者を優遇していないと指摘される中、「NTTドコモ」は、4年以上契約している人を対象に、料金負担を実質的に減らす新たなサービスを始める方針を固めました。

(中略)

現在は、すべての契約者に対し、端末の購入代金やコンビニや飲食店での支払いに使える「dポイント」を毎月、利用料金の1%付与していますが、この割合を、4年以上の契約者は2%、10年以上は4%、15年以上は5%に引き上げます。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171018/k10011180981000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_024

 

編集部コメント

とにかくドコモはやる事にインパクトが無いですね。4年契約でdポイントが1%→2%・・・しょっぱすぎないですかね。

「乗り換えたいけどdポイント 2%だからなあ」とかならないでしょ。

もう少しdポイントを取扱う場所が増えて、貯まりやすく使いやすいポイントになったらアリなんですけど、現状でのモバイル&ポイントとしては「SoftBank&Tポイント」「楽天モバイル&楽天ポイント」が強すぎて話になりませぬ。

 

(まじこ)

 


モバラボ編集部

モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。
中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者であり元世間を騒がせ会社の人であり規制前にマ●●ン売ってたヤツであり香港深セン輸入マンでもあります。
にわかなスマホ情報発信者を斬ります。

最近の記事

人気記事

PAGE TOP