Apple、JDI製のベゼルレスディスプレイに目をつけている噂。将来モデルに採用?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

Samsung製のOLEDを採用したiPhone Xですが、製造コストが従来のLCDに比べ大幅に上がった事や大量生産が難しい事が指摘されています。

しかし、Appleの方針では2018年以降のモデルはOLEDを採用する予定であると一部の報道されています。今回は、そのOLED以外を今後のiPhoneに採用する可能性があるとWSJが報じています。

それは日本企業のJDIが開発した4辺ベゼルレスも可能な「フルアクティブ」ディスプレイとの事。この「フルアクティブ」はXiaomiのフラッグシップモデル「Xiaomi Mi MIX2」にも採用された事でも注目を浴びました。

▲Xiaomi Mi MIX2

Appleは将来の特定のモデルでこの「フルアクティブ」を採用する可能性があるようです。

しかしメインストリームのiPhoneはOLEDに移行するという話から、LCDであるフルアクティブを最新機種に搭載する事は疑問視されます。

となると、iPhoneSEの様な旧モデルの応用タイプに搭載してくる可能性は捨てきれません。4インチ筐体にベゼルレス!なんて想像するだけでワクワクしますね。

それとは別にiPhoneSEのアップデートモデルが発売される噂はちょこちょこ出てきていますが、噂や発売時期っぽい情報が出ては引っ込んだりしています。

もしこの噂が本当だったら来年の春くらいにフルアクティブ搭載iPhoneSEが登場…したら良いなぁという希望的観測を述べてみたりします。

 

参考出典:PhoneArena

(まじこ)

 


もばらぼ編集部

●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。

あわせて読みたい