【番外:非認証鑑定】100円ショップで買える Lightningケーブル 50cm

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

今回の検証は非MFi認証のLightningケーブルです。

なんとその価格、税込み108円。100円ショップで登場した通常形状のLightningケーブルです。MFiを謳っておらず、何とも普通のLightningケーブル。ヘッドの形状も純正と同形状でダイソーLightningケーブルの様な独自規格でもありません。

このケーブルが100円で(50cmではあるが)買えるなんて、100円ショップってトンデモナイお店になりましたね。

 

基本情報とケーブル品質

メーカー:aday(会社不明)
Apple MFi Search:記載なし

【評価点】

100円。それ以上でも以下でもない価格が評価ポイント。50cmという短さは、モバイルバッテリーとの相性はバツグンそうだ。

ヘッド部分が小さいことから、C10世代以降の物と言える。

【問題点】

パッケージ記載通り、充電専用であること。しかし安価なケーブルで同期は考えなくてもいいので大きな問題ではないですね。

また、50cmと短いので用途は限られてきます。自宅で利用するならUSB延長ケーブルを購入して使用するのもいいですね。合わせても216円ですし。

 

MFi認証チェックツール

【判定】
ATS-618:E75 Copycat
YG-616:E75-DD Copycat  + Score 87

 

人商品を謳っていないので、もちろんコピーキャット。フェイクE75チップだった。

このチップであればOSアップデートでも対策される事はなく使用できるので、ケーブルの耐久力さえ良ければ「使える」ケーブルとして評価できる。ただし、販売している100円ショップがローカル系なので見かけたら少し纏めてかってもいいかも?

 

【お約束:検査機結果が100%正確なものとは限りません。ケーブルメーカー独自仕様により検査機回避などを施している可能性もあります。当サイトの検証結果はあくまでも参考程度にしてください。】

 


もばらぼ編集部

●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。

あわせて読みたい