【コラム】iPhone Xを自分で修理したい人は注意。保険は付けるべきか

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

iPhoneの画面は壊れやすいのか、多人数が持っているので壊れる台数の頭数が多いのか。

実際には両方であることは言うまでもありませんが、iPhoneの画面は世代関係なく割れている人を見ます。そしてそのまま使用している人も多く、激安修理屋に依頼してC級品コピーガラスで何回も割ってリピート修理する人もいます。もちろん、自分で修理部品を入手して自己修理される方も少なくありません。

そして今回のiPhone Xも例外なく簡単に割れると思われる全面液晶です。また、ホームに戻る仕組みも下側を上にスライド仕組みであり、誤操作から端末を落下させてしまうかもしれません。

動画を見ても分かる通り、両手での操作は安定できそうです。しかし片手での完全操作は慣れないと難しそうですね。

また、端末の重量バランスもどの辺を持てば安定し、片手で上スライドし易いのかも入手する前に知っておきたいですね。もちろん各個人で手の大きさや指の長さが異なりますので、ホットモックにて事前確認が必須。

 

iPhoneはとても高価な端末。しかし今までは自己修理や街の修理屋さんに恵まれたスマホでもありました。iPhone Xも同様に壊れても自分で!街の業者に頼む!と思っている方もおられると思います。しかしそれは「今回は」大きな間違いになるかもしれません。

 

液晶交換は超高値。コピー品も当面は出ない?

iPhone Xはディスプレイが破損した場合、自己修理には相当のコストがかかる事は既知であると思います。

他メディアの報道ではSamsungから流れてくる有機ELが1枚あたり10,000円を超える高値かつ生産数量が少ない事が指摘されています。iPhone7までの液晶が1枚あたり6000〜7000円辺りであると考えると、コストアップはSamsung製の有機ELディスプレイが大きく影響しているのは間違いありません。

毎年の新型iPhone登場時から、純正のフロントアッセンブリ(ガラス+タッチパネル+ディスプレイの前面ユニット)の市場初登場を見ていると30,000〜50,000円程度が初登場価格でした。少し前までは初登場価格は中国盗品集団による大流通があったので安価でしたが、現在では中国当局により摘発されているのでどうしても数割高い価格での登場となっています。

 

今回の有機ELの場合は、製造工場が限られることや製造コストが高く大量生産ができない面から、一般に流れてくる数が非常に少なく、その価値も異常なレベルまで達するのではと考えられます。

純正が高価で入手困難と考えると、コピー品も視野に入れる事と思いますが、有機ELの場合は従来品の様にすぐさまコピー品が市場に投下されるとは考えられません。サードパーティが有機ELを製造できて、それを市場に大量に投入出来るようになるのは、近年以内にはまず不可能。となると、コピー品も入手ができず、自己で安価に画面交換を行うのは困難になるのではないでしょうか。

 

また、iPhone液晶は市場数が少なくなると、純正もコピー品も急激な値上がりを始めます。

一時期、発売から年単位経ったiPhone5sの液晶が超高騰化し、市場から壊滅した時期もありますが、それは工場がiPhoneSEを勢力を上げて製造する為にiPhone5sの液晶の流通をシャットアウトさせた事もありました。その際は価格が最安値の3倍程度まで高騰したのです。

と、なると流通しにくいXのフロントアッセンブリは、高い値のまま長い時間停滞すると思われます。

 

FaceIDのペアリングに注意

まず、iPhone XはTouchID(指紋認証)が外されました。そもそも画面に埋め込むTouchIDとして搭載される予定が、間に合わずに機能を削ったのではないかとの情報が流れています。

修理業側の意見では「1年延命した」と歓喜の声が上がっています。

埋込み式TouchIDでは、フロントアッセンブリ自体にTouchIDが組み込まれる仕組み。そうなると画面交換の際に個人では再ペアリングができず、認証できない=使用不可の仕組みになると言われています。

そもそもTouchIDはのペアリングを再設定できるのは、Appleのジーニアスバーなど正規修理店で採用されているマシンのみ。なので、TouchID搭載機以降、そのマシンの無い個人や非正規修理店ではTouchIDを復活させることは絶対に不可能と言われています。(一部違法店ではクラックした?との話もありましたが詳細は不明)

そのTouchIDが今回は見送られ、取り外されました。

その代わりに新しい顔認証であるFaceIDが搭載されました。このFaceIDはフロントカメラユニット(カメラ、近接センサーなどのユニット)に追加搭載された物で、その仕組みからペアリングが施されている事が考えられます。つまり面倒くさい機能がフロントカメラ部分に集まったといっても過言ではありません。

フロントカメラユニット(または近接センサーユニット)は、iPhone4世代から分解時にフレキシブルケーブルを断線してしまう方(業者)が多く、交換部品としての需要も比較的高い物。

FaceIDによる部材の高価化、流通力の低下でこの部分が破損しても結構痛手になる事は間違いありません。

 

例を言うならば、iPhone7/7Plus世代でのTouchIDは異常急騰しました。その原因は、TouchIDの世代と仕様変更による物であると言われています。iPhone6s世代の間隔で部材価格を見るとビックリしてしまいます。価格は従来の3〜4倍を推移したまま発売後1年をキープしたのです。

 

他の部品は手に入る?高い?

iPhone5以降、初期段階で絶対に高い部材は「下側のスピーカー(通称:ラウドスピーカー)」「リアカメラ」の2つが突飛して高いと言えます。リアカメラはSONYのIMXシリーズのカスタム製品として流通力も低いのは理解できますが、ラウドスピーカーに関してはよくわかっていません。ちなみに、耳あて部分のイヤースピーカーに関しては数百円からスタートします。

Lightningコネクタの場合は3,000円以下からスタートし、1,000円を割る程度に落ち着くので期間さえ経てば安定した入手は可能です。その他、スリープボタンケーブル、ボリュームスイッチケーブル等は初期段階でも比較的安価に手に入るようになりましたのでココら辺のパーツは問題なさそうですね。

また、細かいパーツには大きく分けて3種類がある事を覚えておいて下さい。

・完全未使用純正品

・中古純正品(リファビッシュ)

・完全未使用組立て品

 

最後の完全未使用組立て品は、部分的に純正品で構成されていますが、足りなかった部分をコピー品で埋めていますのでキレイな純正に見えても実は結果的にコピー品だったりします。ロジックボードとの接続端子などの入りが感覚で異なる物、フレキシブル基盤やケーブルがペラい物など、純正パーツになれていればすぐに分かります。

コピー関連の部材は時期が経てば熟練度が上がるので一定の期間後の入手であればあまり気にしなくても良いと思います。

 

まとめると

結論から言うと、画面割れが怖いなら絶対に保証に入って下さい。間違いなく保証による画面交換の方が安価で提供されます。

今回のiPhone Xは異端であり、大量流通が近年不可能な部材を使っているという点で、自己修理を考える際は端末を買い換えられるレベルなのは当面回避できません。

そして破損の他にも「有機ELの焼付き」問題がどうしても付いてまわります。普段使いなら昔の様に焼き付かないと思いますが、ゲーム等の長時間表示や同じメニューバーがずっと表示される様なアプリ(まとめアプリなど)を使い続ける環境では有機ELの特性上「癖」が付くのは絶対ではないでしょうか。

そんな癖の付いた有機ELはAppleCareでは保証内に入るのかも注目しておくべきですね。

 

(まじこ)

 

もばらぼ編集部

●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。
中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。

あわせて読みたい