サムスンの折畳みスマホ、技術的な問題で2018年に延期か

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

2015年には「来年」、2017年初頭には「今年」、そして2017年9月には「来年」とどんどん先送りされているSamsungのフォルダブルスマホ(画面折畳みスマホ)。

技術的な問題なのか別の問題なのか不明ですが、どうやら初の試みは上手く行っていないようですね。最新の情報が出ずに2017年も秋になりました。登場は来年でまず間違いなさそうです。

また、AppleもSamsungも同様にタッチパネルに指紋認証を埋め込む技術の採用に遅れています。引用記事内にある「いくつかの問題に取り組んでいる」の内容の一つが、この埋込み式の指紋認証技術かもしれません。

 

ニューデリー(CNNMoney) スマートフォン製造の世界大手、韓国サムスン電子でモバイル部門トップを務める高東真(コドンジン)氏は12日、折りたたみが可能なディスプレーを搭載したスマートフォンについて、来年の発売を目指していると明らかにした。

ただし、折りたたみが可能なスマホを実現させるためには、まだ克服すべき問題が残されているという。「いくつかの問題に取り組んでいる」としたが、詳細は明らかにしなかった。

サムスンが2013年に折り曲げられるディスプレーを発表して以降、折りたためるスマホについてのうわさがサムスンについてまわっている。

https://www.cnn.co.jp/tech/35107211.html

 

編集部コメント

この手の変態スマホはLGが好んで先駆者になる(そしてコケる)のですが、ここ最近のLGは少し控えめなので、昔の様に「1:1スマホ」的な需要がドコにあるんだコレ的な物を出して欲しいですね。

サムスンは色々な意味でフラッグシップを貫いて欲しいですw

 

(まじこ)

 

もばらぼ編集部

●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。
中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。

あわせて読みたい