中華イヤホンを凌駕する「国内メーカーのこだわりを詰め込んだイヤホン」が5000円で買えると大人気に

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

公式ページより

巷では中華イヤホンが安価で高性能として大人気だが、その裏で国内メーカーの本気とも取れるハイレゾイヤホンが人気を博している。

そのイヤホンは神奈川県川崎市を拠点とするオーディオメーカー、エスネクスト社のブランドであるfinalのEシリーズ「E2000/E3000」だ。

エスネクスト社は高級志向のオーディオメーカー。

Eシリーズのコンセプトは、高音質、シンプルなデザイン、使い勝手の良さ、手が届く価格であり、ユーザーが求める全ての条件に当てはまる。

そして何よりも、サンプル提供レビューの様な良いこと良いことしか書かないようなレビューが皆無である事、購入者によるレビューの殆どが質感・音質・価格を総合的に見て満足している事が言えます。また、大手イヤホン専門店のショップレビューでも「一切の指摘するすきがない」商品として過去にない高評価となっています。

Twitterでも高評価かつ購入意欲をくすぐるような書き込みが多く見られます。

E2000とE3000は、仕様上の大きな違いはありませんが、ハウジングの素材による音質の差と価格差があります。E2000はアルミニウム(黒アルマイト加工)、E3000はステンレス(鏡面仕上げ)と、どちらも高級感漂う仕様。音質に関しても大きな差が出ていると言ったレビューは見られませんでしたので、好みのハウジングの方を選んでも間違いはなさそう。

クリックで拡大

価格は、E2000で4,380円(税込)、E3000で5,480円(税込)と高級志向のメーカー製イヤホンとしては破格な値段設定となっており、ビックカメラ(コジマ電気)やヨドバシカメラなどの大手量販店で取り扱っているのも手軽に購入できていいですね。(※取扱店一覧

中華イヤホンも安価で高性能といいですが、国内メーカーのこだわりを詰め込んだ本物のイヤホンも捨てがたいですね。

 

 

追記:筆者の事務所がエスネクスト社のショールームに近いので近日取材を行ってきます。

(まじこ)

 


もばらぼ編集部

●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。
中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。

あわせて読みたい