【Apple認証鑑定】Lightning端子付きバッテリー PowerSkin 【判定:◯】

今回の検証はMFi認証のLightning端子を持つ、外付け型モバイルバッテリーです。

PowerSkinなる製品で、iPhone5世代に発売したものの最近になって大量在庫が市場に流れた様子。今回は非常に安価に購入する事が出来ました。販売価格はワンコイン程度。(日本代理店版のPopは定価で約1万円…)

 

基本情報とケーブル品質

オフィシャルWeb:オーセラス(日本代理店?)
MFi記載ページ:同上の製品ページ
Apple MFi Search:記載あり

【評価点】
販売店には色が水色と桃色の二色。購入したのは水色。ガジェット系でこの色は少しちゃっちい

Lightning端子があるiPhoneやiPadならば利用できる。また、iPhoneならば薄いケースを装着していても利用できるのが特徴。

Lightning部分とバッテリー部分は脱着可能。バッテリーとの接続はIN・OUT両方ともmicroUSB。microUSB-Lightning変換をかまして本体側に給電する。付属のmicroUSB−microUSBケーブルを利用すればiOSデバイス以外も充電可能。

MFi認証を謳うだけあって、バッテリーの充電開始ボタンを押してからの充電の反応が良い。

【問題点】
2000mAhとの記載があるのが、体感では半分程度。あまり充電できない。

それと意外にも分厚いので、通常利用時に装着して使う想定はできない。しかし、ゲームや動作撮影時のバッテリー食いの場合はサブバッテリーとして装着しながらも悪くないかもしれない。

 

MFi認証チェックツール

【判定】
ATS-618:C10B Original
YG-616:C48 Original  + Score 100

判定結果が少し異なる。

YG-616が旧チップをMFiチップをC48以降しか表示されないのでこの様な表示になったが、PowerSkinは間違いなくMFi認証された商品ということが分かる。安価に流れたのは、旧チップの製品ということもあり、完全な在庫処分だろう。

スコアも100な事、純粋にMFi認証なので前記したとおり、充電開始の反応が良い(MFi非認証の物は挙動がおかしい事がある)。

 

ただしガジェットとしての評価は、バッテリー容量が体感で半分程度なので実用レベルではない…というのが正直な所。

 

【お約束:検査機結果が100%正確なものとは限りません。ケーブルメーカー独自仕様により検査機回避などを施している可能性もあります。当サイトの検証結果はあくまでも参考程度にしてください。】

ギャラリー

 


もばらぼ編集部

●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。

あわせて読みたい